彼の真意は誰にも知られてはいけない

姫と護衛の青年は幼馴染みであった。
小さい頃に出会い、青年は姫のことを少なからず想っていたのだがーー
彼は17になる年に政治的駆け引きにより、剣術を学びに隣国へ向かうことになる。

「………帰ってきて」
「え?」
「私のもとにかならず帰ってきて」

と姫が泣きそうになりながら青年にお願いをする。
彼は姫の願い通りに六年経って戻ってくることになるのだがーー
その直後、姫様は隣国の第三王子と婚姻を結ぶことになり!?
姫様が大事な彼だけれど、彼女の気持ちを無視して隣国の縁談を破談にすることにためらいがあり(自分の思惑もいろいろあったりするのだが)、せめて輿入れのさいは自分がお供をすると願い出るのだが……?

「小説家になろう」にも掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 16,050 位 / 57,334件 恋愛 5,345 位 / 13,681件