さすがさんと春色の研究

 地元の本屋さん、久万河書店でアルバイトをはじめた栞里は、晴れて女子大生の肩書を持つことを許された大学一年生。大好きな本に囲まれる仕事だけれど、どうやら“本”が集まる場所には“謎”が生まれることがあるようで……? 
 同じ本を二度購入しようとする女性。
 立て続けに起きる女子高生の返品。
 置き忘れ去られた傘に行方不明の婚約者。
 事実は小説より奇なりの謎ばかりでさっぱりの栞里。だけど大丈夫。なんていったって、〈さすが〉なこの人がついている!

 無口で無表情、何を考えているかわからない。――けれど、魔法使いみたいに謎を解く。そんなふしぎでさすがな「さすがさん」こと貴家颯太郎と並木栞里。書店で働くふたりの〈日常の謎〉シリーズ春の弾。
24hポイント 0pt
小説 91,395 位 / 91,395件 キャラ文芸 2,721 位 / 2,721件