春の日のすずらん

初めて貴女を見た瞬間、僕は貴女のことを凛としたすずらんのようだと思った。



時は2019年。京都府に住む相楽 直人はごく普通の大学生。毎日が同じルーティンである事に嫌気が差していた相楽は、あるとき近所に引っ越しをしてきた書道家の陣内 晴子に出会う。晴子に会い自分のこれからの事、周りの人の事、気持ちのことを学び、成長し、愛というものを知る、これはラブストーリーのようなものなのかもしれない。


24hポイント 0pt
小説 77,432 位 / 77,432件 恋愛 20,427 位 / 20,427件