On my deathbed 〜せめて妻と子に看取られて~

もう終わりだ。心身ともに限界を迎えた私は、ホームレスで家族も失った老いぼれである。
せめて、別れた妻と息子に看取られてこの世を去りたい。。
そんな願いが奇妙な形で実現するとは、この時、「私」も「俺」も想像していなかった。
24hポイント 0pt
小説 63,858 位 / 63,858件 ライト文芸 2,450 位 / 2,450件