貴の一族

 古くから存在し、神とも鬼とも様々に呼ばれてきた存在、貴、鬼、奇、それらにその血の特質から執着され得る人間が存在した。
 貴珠と呼ばれる彼らと貴の一族たちの物語。
 連作短編になります。
 転載あり。

 『ほむら』視庁忌課強行犯係の太智花と織衛が主人公です。

 『私の愛しいピアニスト』|星辰《せいしん》と陸人が主人公です。

 『|艶体詩《えんたいし》』これは少し残酷度が高めです。個人的に人体損壊をどれくらいまでなら我慢できるかと言う実験的な話ですので、お気をつけください。

 ”AIR”これは’22/06/05現在頓挫している話です。ただ今書き直そうと奮闘中です。現代日本が舞台の話。元々『私の愛しいピアニスト』を書き直そうと書き始めたのですが、別物になりました。そのためちょっとしたモチーフは健在です。タイトルAIRは「G線上のアリア」”air on the G string”から拝借しています。こちらも残酷描写が出て来ますので、ご注意ください。
24hポイント 0pt
小説 148,406 位 / 148,406件 BL 17,061 位 / 17,061件