妄想から解き放たれる詩 イン

妄想という言葉は世間的には間違って
使われていることに私たちは気がつかない

妄想は病的なもので、そして自分が妄想
を抱いているということを意識できない
状態になっているものをいうのであり

私たちが妄想といっているのは幻想や夢想
や空想の類でそれが奇妙なものであるという
だけに過ぎないのだ。

だから通称妄想とされているものであっても
実に真に的を得てしまうこともありえるのだが
本来的な妄想はそうはならない

ここで扱う詩は妄想のそういう概念と関わりあい
を持っているが実は、私たちが錯誤していたり
考え不足で経験的にとらえてしまっていることを
探りだし、その無知を抉り出そう意というものだ

自分たちの通称妄想を解き放つことを目的とした
詩の数々。日常の新しさの発見のための
ツールの一つでもなれば幸いかな
24hポイント 0pt
小説 91,546 位 / 91,546件 エッセイ・ノンフィクション 3,258 位 / 3,258件