たったひとつの大嫌い【短編・完結済み】

「ずっとあなたのことが嫌いでした。付き合ってください」

高校二年生になったばかりの春。
僕……神坂忠(かんざかただし)は、春村千流(はるむらちる)という女の子から、そんな変わった告白を受けた。

思い返せば、それは僕らにとっての事件だったのかもしれない……。
24h.ポイント 0pt
0
小説 186,032 位 / 186,032件 恋愛 56,450 位 / 56,450件