オオカミ少年

 ウソというのは正しく使えば、優しいウソ・・・人を思いやることのできる優しい言葉になります。

 ですが、悪いウソは・・・人の何かを蝕み、減らしていくんです。

 それは・・・あなたの良心だったり・・・

 それとも、相手からのあなたへの信頼だったり・・・

 あなたが気づいた時には・・・あなたはどれほどのものを失っているでしょうか?

 これはそんなウソを言い過ぎた、哀れな少年の物語です。
24hポイント 0pt
小説 58,979 位 / 58,979件 児童書・童話 1,095 位 / 1,095件