幻獣店

露店の片隅で、まがい物の竜を買う少年。
声をかけたのは、ドラゴンブリーダーを名乗る、おっとりと優しげな青年だった。

草スープで日々をしのぎながら、幻獣たちには美味しいごはんを。
「師匠、金稼いでくれないと俺、竜の飯食うっすよ?!」
様々な幻獣やドラゴンを扱うドラゴンブリーダーの青年と、師匠に厳しい弟子の細腕繁盛記(?)



かなりのマイペース、気まぐれ投稿が予想され……。
24hポイント 14pt
小説 22,750 位 / 121,851件 ファンタジー 4,127 位 / 31,961件