小さな古着店

そこは小さな古着店だった。
閑散としている店に、風呂敷包を抱えた青年が入る。
そこからはじまる青年と店主の少女の、温かくて少し不思議なお話。
オムニバス形式の不定期連載になる予定です。
(小説家になろうサイトにも同じ話を公開しています)
24hポイント 0pt
小説 66,155 位 / 66,155件 キャラ文芸 1,929 位 / 1,929件