真夏の夜の夢 ~逢~

西本夏子、29歳。
二ノ宮成人、22歳。

二人の出逢いは7年前の夏。
「好きです!」と、ただがむしゃらに夏子へ熱情をぶつけてきた15歳の少年。
成人の熱情に夏子は惹かれ、夏子の優しさに成人は囚われた。
一度交差した二人の時間は、だが直ぐに分岐して失われた。
重ならない時間の中でも、夏子は成人に、成人は夏子に囚われ続けた。
別れから7年後の夏。
運命はまたイタズラに二人の時間に分岐点を与えてくる。
交差するもしないも二人次第。
もし、もう一度出逢えたなら…。
初恋を拗らせた、不器用な二人の恋物語。
24hポイント 14pt
小説 16,252 位 / 77,367件 恋愛 6,286 位 / 20,453件