枝と空

ありきたりな言葉で始まり
ありきたりな言葉で終わる。


曇天に枝とロープ。
衝動的ではなく、覚悟し計画したはずだった。
懐かしい書斎に初めて見るアルバム。
愛されていたと感じた。
それでも辞めはしない。
曇天は茜色に変わる

どこにでもある様な、そんなお話
24hポイント 0pt
小説 43,105 位 / 43,105件 ライト文芸 1,779 位 / 1,779件