春の言わんとする処

春。
頭に残る出会いも、心に残る別れもあるけれど、
なにもそれがすべてじゃないんだ。

新しい社会へ出る人たち、
桜や梅の小さくても大きく膨らむつぼみ、
闇の中で眠り続けてやっと今目覚めるいのち。

何事も始まりと終わりが必然的に結びついているように、
その間を一生懸命生きる僕たちには、
春の存在はとても大きく、とても強く、ときには苦しめるようにそばにいた。
24hポイント 0pt
小説 60,275 位 / 60,275件 青春 2,989 位 / 2,989件