魔法少女さん、私を助けて!

生命保険会社の法人営業部、セールスパーソンの私は、魔法少女ミスティシャーベットに恋をしていた。
逢いたくて逢いたくて。
わざと危険に飛び込めば、必ず彼女が助けにやってくる。
だから、私はいつも自分から危険な場所に赴くのだった。
そんなあるとき、男たちに襲われたのに、魔法少女はいつものようには現れてくれなかった……。
24h.ポイント 0pt
0
小説 187,389 位 / 187,389件 ライト文芸 7,643 位 / 7,643件

処理中です...