戦争・政争・革命小説(外部サイト)一覧

2
あらすじはほぼタイトルの通りです。 あるところに青年が居ました。その青年はどこから来たのか、変わった形の武器を携えております。 その青年は日がな一日、相棒とともに何もせずにのんべんだらりと過ごしていました。そして青年は言います。 「暇だなぁ」 青年は何か面白いことが起きないかと願っていました。その青年の前を通る一頭の馬。その馬に跨っているのは不釣り合いの少女。それを追いかける男たち。 青年は思います。これは何か面白いことが起きているに違いないと。 追いかける青年は少女を救い出します。そして、その少女との出会いが、青年の運命を大きく変えることになるとは、まだ誰も思ってもみなかったのでありました。 身一つで青年は成り上がる。青年は自分の信念と正義を信じて。 その先にあるのは栄華か、それとも。
24h.ポイント 7pt
小説 123 位 / 21,316件 ファンタジー 61 位 / 8,260件
登録日 2022.09.30
 三十年戦争と呼ばれる戦いがあった。  西暦1618年に幕を開けた世界最後にして最大の宗教戦争は、ヴェストファーレン条約の締結によって終戦を迎える1648年までの間に、実に延べ800万人もの犠牲者を出した。  ドイツをはじめとする欧州全土を巻き込んだこの悲惨な戦いの記録は、多くの人々の手によって現代まで語り継がれ、様々な形となって記録と記憶に残されている。  戦争の惨禍と呼ばれる食刻によって作品を残したロレーヌの芸術家ジャック・カロもまた、痛ましい戦いの記録を残した人々の中の一人である。  時は巡り西暦2037年4月5日、復活祭に沸くドイツ連邦共和国 ミュンスターの地で異変は起きた。  古めかしい鎧に身を包んだ兵士たちが深夜の町を行軍するという怪現象の目撃。その噂が人々の間で流れて間もなく、旧市庁舎の窓から5人のキリスト教徒が投げ出される事件が発生。  それはかつて、長きに渡る戦争の引金を引いたプラハ窓外放出事件を彷彿とさせるものであった。  “ウェストファリアの亡霊”  三十年戦争の記憶を呼び起こす怪奇現象を指して、多くの人々は口を揃えてそう呼称した。  この怪現象の謎を解き明かすべく、世界特殊事象研究機構の隊員であるフロリアンはヴァチカン教皇庁の総大司教ロザリアと共に調査を開始する。  だが、事件は宗教対立の様相を呈して苛烈さを増していき、当時と同じようにローマ・カトリック派と福音主義派の争いにまで発展してしまう。  そして事件は、ジャック・カロの残した『大きな惨禍』と呼ばれる18の作品群をなぞらえる様にして混迷の道へと突き進んでいくのであった。 ※前後作品 前【眠りの妃 -嘆きの大地賛歌-】 後【メランコリア・A -崩壊の冠-】 ※この物語はフィクションです。作中に登場する国家・個人・組織・団体等は実在する同名のものとは関係がありません。
24h.ポイント 0pt
小説 21,316 位 / 21,316件 ファンタジー 8,260 位 / 8,260件
登録日 2022.05.04
2