4
地球の日本のとあるところに 遠島 霧雨(とおしま きりう)という少年がいた。その少年には幼馴染の少女と中学からの男友達とよく遊んだりしていた。その2人は学校内でかなりの人気者であり、その2人とよく一緒にいる霧雨は毎日虐められていた。 そんなある日、帰りのホールームが終わり、さあ帰ろうとしていたら突然教室の床に巨大な魔法陣が現れ、それに巻き込まれた霧雨を含む生徒達とそのクラスの担任、そしてその日たまたまいた教育実習生の総勢34名が異世界に勇者として召喚された。 だが、霧雨のステータスは世界中で記録された中で一番の最弱であったため訓練に参加することができずに城の中で待機することを命じられた。 そして、召喚されてからしばらく経ったある日、クラスメートであった勇者達に大金と引き換えに使えないと認定された霧雨を殺すように依頼が出された。 それにより霧雨は親友はおろか幼馴染にすら裏切られた。だが、霧雨にはステータスを偽っていたり、誰も知らない秘密があるようで・・・・・。 異世界を滅ぼすためのバトルファンタジー、今、開幕 勇者が、世界を滅ぼす 注)グロや胸糞悪くなる要素、ハーレム要素などあり。これらが苦手な人は読まないほうがいいと思います。 2019/7/8 友人にヒュプノスのイラストを描いてもらいました。
24hポイント 7pt
小説 24,728 位 / 105,732件 ファンタジー 4,950 位 / 28,031件
文字数 130,659 最終更新日 2019.07.10 登録日 2017.10.26
剣と魔法の世界 カスターク。その世界のある国のある領地に、その者はいた。 彼の名はノック。魔王軍の四天王の中で一番弱いものだ。 彼は魔王からの命令である領地に侵入し、身分を偽ってその領地の領主の側近になり、その領地を支配する。 ・・・・・はずだった。 「ノック。あの書類はどこに行った?」 「あの書類?ああ、あれだったらそこの棚の中にありますよ」 「すまないな。やはり魔族というのは記憶力もいいのか?」 「まあ、いい者はいいと思いますよ?」 「ふふっ。まったくおかしなことを言うな。我が夫は」 「ハハハ」 ・・・・・・なんで俺、領主と結婚してんだろ?しかもなぜか勇者の仲間だった奴らが俺の部下になってるし・・・・・。オマエら、勇者を見放して良かったのか!? 戦わずに勇者に勝ってしまった最弱幹部は今では領民に好かれる魔族になっていた。 ※土曜日と日曜日の12:00に最新話を投稿する予定です。
24hポイント 0pt
小説 105,732 位 / 105,732件 ファンタジー 28,031 位 / 28,031件
文字数 43,456 最終更新日 2018.10.27 登録日 2018.07.28
恋愛 連載中 長編 R15
少年には特殊な力があった。 それは欲しくもない力だった。 それは孤独にする力だった。 それは人を観察する力。 それは知りたくないことを知る力。 それは理から外れる力。 少年はただ1人奔走する。 自分の幸せを犠牲にして他の誰かを幸せにするために これは、人を救うたびに孤独になる少年の物語。 特殊な少女達と出会う物語。 そして、少年が幸福を得る物語。
24hポイント 0pt
小説 105,732 位 / 105,732件 恋愛 29,882 位 / 29,882件
文字数 7,747 最終更新日 2018.03.05 登録日 2018.02.23
「貴方は、こちらの手違いで異世界の召喚に巻き込まれました。申し訳ございませんでした。お詫びにこの中からお好きなスキルを3つお選びください」 こんな感じのセリフから異世界に少年が召喚される。 召喚、転生、転移、天啓。 これらのものには大抵神の存在が付きまとう。 だが、神とはなんだろう。 あるところで不老不死といわれているが、子供が存在する神も存在する。 神は食事は万能といわれているのにそれぞれ得意なことが違う。 「フーーー。やっと今回の大仕事が終わった。先輩!!一緒に食堂いきましょ!!」 「相変わらずお前緊張感っていうやつがないなぁ。ところで今回ので異世界召喚の回数は何回目だっけ?」 「さあ?私は10より先は数えていません。会議室にこもって聖剣の形状と能力をあーだこうだとかれこれ10年くらい討論しあっているおじいさん達は知っているんじゃないですか?」 「おじいさん達って・・元老院の方々だぞ?もう少し尊敬の念を示せ」 「いいじゃないですか。先輩のことは尊敬してますよ。だから養ってください!!」 「・・・・・その言葉。さっきの召喚組に聞かれたら大騒ぎになるな」 これは。異世界召喚、転移、転生などを仕事にしている神様達の日常の話。 たまにどんちゃん騒ぎを起こしたり、魔王な新人が入ってきたり、神と人間の恋愛模様を陰ながら見守ったり、異世界に送った勇者と偵察中にバッタリと再会し、何故かその勇者と戦ったりする。 飲み物片手に気軽に読んでみてください。(但し、グロいシーンあり) もし何か感想があればどうぞご遠慮なく。 『異世界召喚の裏方。お見せします』
24hポイント 0pt
小説 105,732 位 / 105,732件 ファンタジー 28,031 位 / 28,031件
文字数 6,607 最終更新日 2017.12.05 登録日 2017.11.30
4