2
ファンタジーオタクな芹原緋夜はある日異世界に召喚された。しかし緋夜と共に召喚された少女の方が聖女だと判明。自分は魔力なしスキルなしの一般人だった。訳の分からないうちに納屋のような場所で生活することに。しかも、変な噂のせいで食事も満足に与えてくれない。すれ違えば蔑みの眼差ししか向けられず、自分の護衛さんにも被害が及ぶ始末。気を紛らわすために魔力なしにも関わらず魔法を使えないかといろいろやっていたら次々といろんな属性に加えてスキルも使えるようになっていた。そして勝手に召喚して虐げる連中への怒りと護衛さんへの申し訳なさが頂点に達し国を飛び出した。  行き着いた国で出会ったのは最強と呼ばれるソロ冒険者だった。彼とパーティを組んだ後獣人やエルフも加わり賑やかに。しかも全員美形というおいしい設定付き。そんな人達に愛されながら緋夜は冒険者として仲間と覚醒したチートで無双するー!
24hポイント 2,209pt
小説 769 位 / 100,088件 ファンタジー 196 位 / 26,918件
文字数 138,591 最終更新日 2021.04.11 登録日 2020.12.26
恋愛 連載中 長編 R15
「私の世界に聖女として来て欲しい!」 「嫌です、そっちの世界の事情なんてわたしには関係ありませんから」 と言って断ったのに転移は強制らしいです。ふざけています。かなり不快に思っていたら『なんでも』願いを叶えてくれると言って来ました。なので屋敷が欲しい(あとその他諸々)と頼み、好き勝手過ごすことにしました。魔法もあるとのことなので退屈はしないでしょう。ですが聖女などという面倒な職業は御免なので、見つかりにくいような場所に屋敷を、と念押し異世界へ送られました。  森の奥で自分のために・・・と思っていたら屋敷に変な男が不法侵入し、私と取引したいと言い出しました。考えた末取引に応じることに。まあ、割と充実してきましたが、ある日街で男を狙った暗殺者に囲まれました。  問いただ(脅)したらこの男、異国の訳あり皇子でした。本当になんの冗談でしょうか。勘弁してください。しかし、私の事情など知らぬとばかりに厄介事がやってきます。いい加減にしてほしいですね。  貴方方の事情なんて知りませんよ。どれほど頼まれようが助けません。だって、私には関係ありませんから。  面倒がとにかく嫌いで自己中な冷めた主人公と面倒ごとの種で紳士な俺様皇子との異世界ラブストーリー
24hポイント 35pt
小説 13,125 位 / 100,088件 恋愛 5,724 位 / 27,935件
文字数 114,080 最終更新日 2021.02.11 登録日 2020.11.26
2