ネギマネギ

ネギマネギ

宜しくお願いします!
2
ごく普通のサラリーマンである佐竹 高虎は終わらない11月22日を満喫していた。 23時59分になれば強制的に意識が途切れ、また11月22日の朝に戻る。 3日目にもなれば会社に行かず、遊びだすのは当然であった。 5日目、ある女性とすれ違ったときとうとう物語は動き出す。
24hポイント 0pt
小説 63,718 位 / 63,718件 キャラ文芸 1,895 位 / 1,895件
文字数 1,184 最終更新日 2018.11.30 登録日 2018.11.30
25歳の中間管理職だった佐竹 高虎はいつも通り早朝に出勤し、いつも通りの道順で会社へと向かっていた。 しかし、いつも通りの日常は急に壊れる事となる。 現状に不満しかない高虎は待ってましたと言わんばかりに非日常へと進み出す。 欲望の赴くままに人間らしく生きる師匠に憧れ、自分もその様に生きようと決意する。 ソレを成すには力が必要である。 高虎は楽しく生きるために初めて死に物狂いで努力をするのだった。 魔王も勇者もいない、チートでも最強でもないが、欲望に忠実に泥臭く一歩一歩しっかりと前へと進む物語。
24hポイント 0pt
小説 63,718 位 / 63,718件 ファンタジー 19,971 位 / 19,971件
文字数 2,088 最終更新日 2018.10.30 登録日 2018.10.30
2