死んでも花実を咲かせるために


ごく普通のサラリーマンである佐竹 高虎は終わらない11月22日を満喫していた。
23時59分になれば強制的に意識が途切れ、また11月22日の朝に戻る。

3日目にもなれば会社に行かず、遊びだすのは当然であった。

5日目、ある女性とすれ違ったときとうとう物語は動き出す。
24hポイント 0pt
小説 64,137 位 / 64,137件 キャラ文芸 1,900 位 / 1,900件