3
やあ、おれは名もなき旅人。 今はシュデッタ王国トヴァイアス伯爵領のバリザードって町にきてる。ここにはある有名な店があってな…… それは宿つきレストランで料理はべらぼうに美味いんだが、有名なのは店の人間のほう。 かわいいウェイトレスにセクハラすればウェイトレスがタコ殴り、部屋で騒げばホテルマンがタコ殴り、酔っ払って喧嘩すれば用心棒がタコ殴り……もちろん、客を、だぜ? やたらめったら充実してるスイーツを物珍しさに注文したくせに残そうもんなら、悪魔の副店長がすっ飛んできてこっちは血祭りだ。 だけど一番恐ろしいのは、そいつらを束ねる店長とおれは見たね。 なんたってかつては裏社会の勢力蔓延る無法の町だったのを、たった四人の手勢を率いてあっという間に制圧しちまった悪魔たちの首魁だからな。 やつらは某国の精鋭騎士団だったとか、某亡国王家の生き残りとその家臣だとか、はたまた別大陸からやってきた未知の種族が人の皮をかぶって世界征服の拠点にしてるんだとか、色んな噂がある。 だけど、当たり前のマナーを守って普通に暮らす分にはまったくの無害だぜ? だからおれは今日もここで酒を飲み、異国料理に舌鼓を打ち、珍しいスイーツを一口残さず平らげてこういうんだ。 「ご馳走さん! 今日も美味かったぜ!」 そう――ここは血塗れ乙女亭! ※この作品は『カクヨム』、『小説家になろう』にも掲載しています。
24hポイント 14pt
小説 11,418 位 / 47,011件 ファンタジー 3,029 位 / 15,717件
文字数 263,972 最終更新日 2019.05.19 登録日 2017.12.08
第二次世界大戦の危機を怪物に救われて以来、日本は世界で唯一彼らに居場所を提供し、あまつさえ協力して国を発展させてゆくという世界で最も狂気的で寛容な国となっていた。 しかし、怪物が増えれば怪物用の秩序も必要であり、巻き起こる怪奇事件も解決しなければならない…… そこで立ち上がった、内閣府陰陽寮怪奇現象対策委員会怪奇事件対策局。 つまりは、怪物の警察である。 もはやネイバー(お隣さん)と呼ばれるまでに当たり前となった人妖入り乱れる日本で、国民の安全と国家の秩序を守るため、怪物警察は今日も元気に暴れ回る! う~ん、ファンタスティック。 ※この作品は『カクヨム』、『小説家になろう』にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 47,011 位 / 47,011件 キャラ文芸 1,257 位 / 1,257件
文字数 25,282 最終更新日 2018.06.24 登録日 2018.06.16
学芸魔術界の中でも極端に実践にこだわる奇人シュネルドルファー博士と彼に弟子入りしたオイゲン少年が、魔術的・考古学的好奇心の赴くままに冒険を繰り広げる――? ※序章と本編はだいぶ雰囲気が違いますのでそこだけご注意。  序章は別に読まなくても問題ないかな……
24hポイント 0pt
小説 19,053 位 / 19,053件 ファンタジー 7,282 位 / 7,282件
3