さくや

さくや

初めて投稿します。よろしくお願いします!
2
BL 連載中 長編 R18
この作品はフィクションです。 実在の人物や団体、事件など等は関係ございません。また、不適切な文章等があるかもしれませんのでそのあたりが気にならない方はお読みください。 ★あらすじ ある街の裏側で高額ながらさまざまな情報を扱う情報屋がいると話題になっている。 その情報屋の名は「ナツメ」 綺堂組 若頭 柊 大和はある出来事をきっかけにナツメに興味をもち、ナツメを囲い込む。 また、情報屋のナツメ 本名:如月 夏華 自分が仕事で情報を売り、命を狙われたというのに自分を囲い込む大和 相手にとりあえず流れで関係を続ける。 囲われながらも情報屋の仕事をしつつ、大和との関係を続けている夏華。 大和は本気で夏華を自分のものにしたいと思い、行動を続ける。 夏華は大和との関係を続けているうちに大和に惹かれている自分に気づいている。 しかし、自分は明るい場所では存在してはいけないから… ヤクザの若頭×情報屋の訳あり青年の恋 基本的に夏華視点で進めていきますが時折、視点が変わります。読みにくいかもしれませがご了承ください。 タイトル横の※はエッチシーンです。ときおり、ハードな表現があるかもしれませんのでご注意ください。 ★エブリスタ様でも公開させていただいております。
24hポイント 21pt
小説 14,469 位 / 87,459件 BL 2,484 位 / 8,516件
文字数 24,955 最終更新日 2020.11.06 登録日 2020.10.01
ルナティール国 レイヴン辺境伯領 隣国 サンライト皇国との国境線に位置している。 隣国との間には多種多様な精霊や魔物が暮らす 『黒月の森』と呼ばれる広大な森が広がっている。 そこで暮らすレイヴン辺境伯の息子 アトシュ 彼は黒月の森でそして辺境伯領で自由に生活している。 アトシュは精霊や魔物に好かれやすく、溺愛されることが多かった。 そんな彼を溺愛しているのは精霊や魔物だけではなかった。 辺境伯領の家族、母親、そして・・・・ 父親。 実はアトシュはルナティール国の国王を父に持つ王子だった。 諸事情により本当の父親を明かされずレイヴン辺境伯の息子として育てられた。 まぁ、国王(父親)が息子に会うのを我慢できず、暴走した結果 3歳という幼い頃に出会うことになる。 まだ難しいことを理解できない年に衝撃的な出会いをした結果。 父親に対し苦手意識をもつようになってしまった。 嫌いではない。しかし、苦手なのだ。 そのため、アトシュは・・・ 「俺は辺境伯の息子です! 王都?そんなところには極力行きたくありません!!」 辺境伯領で育った王子(辺境伯の息子と言い張る)が国王(父親)をかわしながら生活する。 そんなお話です!! 初めてのことで戸惑いながらの投稿となります。 投稿速度はおそらく遅いです.°(ಗдಗ。)°. それでも読んでいただけたら嬉しいです。
24hポイント 7pt
小説 19,876 位 / 87,459件 ファンタジー 4,442 位 / 24,939件
文字数 9,573 最終更新日 2020.09.18 登録日 2020.09.07
2