俺は辺境伯の息子です!〜国王(父親)が苦手なので基本、王都以外のところで生活します。〜

ルナティール国 レイヴン辺境伯領
隣国 サンライト皇国との国境線に位置している。
隣国との間には多種多様な精霊や魔物が暮らす
『黒月の森』と呼ばれる広大な森が広がっている。
そこで暮らすレイヴン辺境伯の息子 アトシュ
彼は黒月の森でそして辺境伯領で自由に生活している。
アトシュは精霊や魔物に好かれやすく、溺愛されることが多かった。

そんな彼を溺愛しているのは精霊や魔物だけではなかった。
辺境伯領の家族、母親、そして・・・・


父親。


実はアトシュはルナティール国の国王を父に持つ王子だった。
諸事情により本当の父親を明かされずレイヴン辺境伯の息子として育てられた。
まぁ、国王(父親)が息子に会うのを我慢できず、暴走した結果
3歳という幼い頃に出会うことになる。
まだ難しいことを理解できない年に衝撃的な出会いをした結果。


父親に対し苦手意識をもつようになってしまった。
嫌いではない。しかし、苦手なのだ。

そのため、アトシュは・・・


「俺は辺境伯の息子です!
王都?そんなところには極力行きたくありません!!」

辺境伯領で育った王子(辺境伯の息子と言い張る)が国王(父親)をかわしながら生活する。
そんなお話です!!


初めてのことで戸惑いながらの投稿となります。
投稿速度はおそらく遅いです.°(ಗдಗ。)°.

それでも読んでいただけたら嬉しいです。
24hポイント 14pt
小説 19,238 位 / 91,671件 ファンタジー 3,739 位 / 25,591件