新天新地

新天新地

主に小説家になろうで活動していますが、こちらでも活動を始めました。ふつつか者ですが、よろしくお願いします!
3
魔族に故郷の街を滅ぼされ、俺は全てを失った。仲間も、恋人も。 それからの俺は、憎い魔族を殺すだけの毎日だった。 やがて女神から加護を授かり俺は勇者となった。 飛躍的に強くなった俺は、単身で魔族領へと乗り込み、遂には魔王も討伐した。 「なぜ、俺の街をなぜ滅ぼした?」 「あれをやったのは我らではない……女神だ」 死に際の魔王はそう答えた。 あり得ない! 俺が勇者になれたのも女神の加護を授かったからだ。人族の味方の女神が、人族の街を滅ぼすはずがない!  だが、魔王の言うことは本当だった。 ――心優しい女の子と、彼女の優しさに救われた勇者の男の子の純愛ストーリーです。タイトルがとっても暗いですが、安心のハッピーエンドです――
24h.ポイント 0pt
小説 185,415 位 / 185,415件 恋愛 56,301 位 / 56,301件
文字数 15,442 最終更新日 2023.12.22 登録日 2023.12.22
恋愛 連載中 長編 R15
◆◆あらすじ◆◆ 頭を打った王妃のカタリーナは、前世の記憶を取り戻す。前世での彼女は『猛悪の大魔女』と呼ばれる大魔法使いだった。 「鏡よ鏡。この世で一番美しいのは誰?」「王妃様です」 膨大な魔法の知識がある今だからこそ、その鏡への問いかけで気付く。回答と同時に鏡が放ったのは、洗脳魔法のたぐいだった。今の彼女なら、それを解くことも容易だった。 「真実の鏡ですって!? 人の好みで変わってしまう美しさの順位に、絶対の真実なんてあるわけないじゃない!」 鏡は決して嘘を言わないと、これまでカタリーナは思っていた。だがそれは、鏡の洗脳によってそう思い込まされていただけだった。 愚女と蔑まれていたカタリーナが、それ以降がらりと変わる。まず、白雪姫への意地悪を止めた。いや、止めたどころではない。 「夢に、お化けが出ましたの。こわいからご一緒にお休みしたいですわ」 美少女がそんなことを言うもんだから、その可愛らしさにすっかりやられてしまった。白雪姫に精いっぱいの愛情を注ぎ始めてしまう。 そしてこの国は、貴族が利権目当てに跋扈し、王妃が洗脳されるほど酷い状況だ。カタリーナは、国の建て直しも決意する。利権を守るため、貴族たちはカタリーナを始末しようとするだろう。 「ふふ。問題ないわ。邪魔する人は、全て討ち滅ぼしてしまえば良いだけですもの。前世でしていたようにね」 猛悪の大魔女は、その絶大な力を今世でも振るう。 ◆◆更新計画◆◆ 最初だけは更新多めですが、書きためた分を使い切ったら更新は三日に一度程度の予定です。完結は2024年2月中の予定です。
24h.ポイント 13pt
小説 89 位 / 21,295件 恋愛 29 位 / 4,939件
登録日 2023.12.21
◆◆カドカワBOOKS様より書籍3巻発売です! この巻でこの物語は完結です。 皆様のおかげで無事、最後まで書き切ることができました。 本当に、応援ありがとうございました。 3巻は大半が書き下ろしで、主な内容は戦争と建国です。 一人の女性のために国まで造ってしまったジーノの愛の深さと、そんなジーノを懸命に慕う健気なアナをぜひぜひご堪能下さいませ。 ◆あらすじ◆ 貧乏子爵家四男の私に公爵家から縁談話が来た。お相手は『ゴブリン令嬢』と呼ばれる醜女。婚約相手が見つからず、私に白羽の矢が立ったのだ。爵位の差で断るなんてできない。 だが令嬢自身は破談を目論んでいた。醜女と無理矢理婚約させられた私への申し訳なさからだった。 ……放っておけない。女性から蛇蝎の如く嫌われたキモメン。それが前世の私だ。容姿で差別される辛さはよく知っている。人間、大事なのは中身だ。そうだろう? 全てを諦めたように笑う彼女。いつか本当の笑顔で笑ってもらおうではないか。そう思って強引に婚約を成立させたが、令嬢はとても愛らしい人だった。彼女に夢中になるのに、そう時間は掛からなかった。 ◆◆皆様のおかげでランキング載りました。応援ありがとうございます。 これを貼ると読んでくれる人が増えるらしいので達成順位貼ります。 【総合】日間1位、週間1位、月間1位、四半期1位、年間2位(完結済1位)。 【ジャンル別(異世界恋愛)】週間1位、月間1位、四半期1位、年間1位。 ◆◆このお話が漫画になりました。漫画家は風守いなぎ先生です。笑わないジーノとゴブリンのアナ、という漫画にし難いものを見事に漫画にしてくれています。ぜひぜひご一読下さいませ。
24h.ポイント 67pt
小説 24 位 / 21,295件 恋愛 6 位 / 4,939件
登録日 2023.12.21
3