塔ノ沢渓一

塔ノ沢渓一

3
 ある日突然、世界にはダンジョンへの入り口が現れた。  それはまるでゲームに登場するダンジョンのようなものだった。  北海道ではダンジョンからあふれ出したオークが砦を作った。  しかも、そのオークを支配しているのは、ビルほどもあるトロールである。  ダンジョンの魔物には銃弾も戦車も通用しない。  通用するのはダンジョン産の武器と、ダンジョンで上げたレベルのみ。  魔法やエネルギー物質など、未知のお宝もたくさん。  研究者はダンジョンから出たアイテムを研究する方が社会は発展すると声明を発表。  各国の政府や軍隊は総力を挙げて攻略に乗り出した。  世の中のすべてがダンジョン一色になる一大ブームがやってきた。  マイペースに裏庭にできたダンジョンを攻略していた主人公は、ダンジョンに隠された重大な秘密を知ってしまう。  陰謀渦巻くダンジョンワールド!
24hポイント 28pt
小説 10,003 位 / 58,614件 ファンタジー 2,460 位 / 19,018件
文字数 198,758 最終更新日 2019.04.23 登録日 2019.01.13
 薄暗い洞窟の中で目を覚ましてふらふら歩いていると、ゴブリンとしか言いようのない魔物と遭遇した。そのゴブリンをなんとか倒すと、ゴブリンの持つ能力が一つ自分のものになった。  主人公が最初に持っていたのは殺した相手の能力を奪う力だけである。  ゴブリンとの戦いで大きな怪我をしたが、出口を探しているうちに洞窟内に置かれた棺を倒したことで、血界魔法という自分の血液に作用する強力な魔法の力を得て、なんとか窮地をしのいだ。  この奪う力だけを武器にして、厳しい世界を生き抜いて行かなければならない。  奴隷制度すらある未開の地。王や一族や蛮族が治める厳しい世界を、主人公は得られた能力だけで切り開き、それと同時に様々な能力を身につける。  そのうちに、自分は全てのものを手に入れるための力を持たされていたのだと知ることになる。
24hポイント 21pt
小説 11,565 位 / 58,614件 ファンタジー 2,787 位 / 19,018件
文字数 239,654 最終更新日 2018.09.16 登録日 2018.01.22
 街の人たちと一緒に、剣と魔法の世界に飛ばされた小城裕作は、何故か一人だけチュートリアルを受けさせられる。そこで生まれ持ったゲームの才能で、魔王を倒せる最強パーティーのシステムを思いついた。  最強の組み合わせになるのは、初期ステータスを極振りしたメンバーだけのパーティー。しかし最強の組み合わせを作るなら、最高のダメージ効率がだせる魔剣士だけは捜すのが不可能に近い。ならば自分がなるしかないのだが、もし他のメンツを集められなければゴミになってしまうようなステータスである。  周りはクラスメイトや町の人たちばかりで頼りにならない。だからゲームの得意な自分が頑張って魔王を倒さなければ、もとの世界に帰ることもできない。しかし死んでしまうと装備品と一週間分の経験値をロストする世界でレベルを上げるのはかなりのハードルである。  やっとの思いで裕作の考える最強のパーティーは出来たものの、なぜ最強であるのかパーティーメンバーにすら理解してもらえなかった。  そんな中で主人公は地道なレベル上げを始める。
24hポイント 14pt
小説 13,517 位 / 58,614件 ファンタジー 3,292 位 / 19,018件
文字数 352,088 最終更新日 2018.03.04 登録日 2018.01.29
3