ゆっこ!

ゆっこ!

ゆっこ!はゆっこ!です! メインに活動してるサイトの合間だけど、こちらもそこそこ頑張る予定!
3
 巨悪を討伐させるべく、大いなる意志によって異世界へと召喚された選ばれし者(勇者)たち。当初与えられた情報により、敵は人間牧場を営む存在だとは知らされていた。  しかし、慎重な巨悪は姿を現さず、まず、その尻尾を掴むため、世界を廻っての情報収集が必要だった。選ばれし者の一人であるIKUMIは、ストライダーを名乗って屋台など引きながら世界を廻る。  そして仲間の一人との再開の折、IKUMIはある頼み事をされる。  とりあえず気に入らない連中から奴隷にされていた幼女たちを助けたので、引き取って世話をしてくれというのだ。  まだ本業である巨悪討伐が始まらない現状では、別に断る理由もない。  IKUMIは、友の頼みを受け入れ、幼女たちを引き取り、拠点を作り、そこで子育てに勤しむことにしたのだった。  その初日、ちょっとしたIKUMIと幼女たちの勘違いにより、IKUMIは幼女たちに求婚される立場になってしまうのだった。  そんなストライダーと幼女たちの、イチャラブとは程遠い共同生活が始まった。  なお、忙しいIKUMIに、求婚してくる幼女たちの相手をしている余裕はない。  
24hポイント 0pt
小説 124,912 位 / 124,912件 ファンタジー 32,233 位 / 32,233件
文字数 149,597 最終更新日 2020.11.25 登録日 2019.05.14
 私の名前は暦。今年の4月から一人暮らしを開始した中学生。両親が海外に赴任したため、一人で日本に残ったのだ。  その翌日、目を覚ますと私の身の上に異変が起こっていた。  目を覚ますと、自室ベッドの隣で女の子(吸血鬼)が眠っていたのである。  私は思わずその子をグーで殴り、ボコボコにする。  そして、なんでこんな事態となっているかを問い質すと、私は吸血鬼に最上の血を分け与えることができる[吸血鬼の恋人]らしかった。  彼女はレムネリアは、その血液欲しさに私を襲ったのだ。  すでに私の頸筋には吸血された跡があった。  真っ青になる私!  しかし、[吸血鬼の恋人]である私は、すべての吸血の呪いをキャンセルしていて、人間のままだった。  その上、彼女、レムネリアの能力の大半も奪い取っていた。  私には、そんなチート能力があったのか!  そんな私と、吸血鬼少女の共同生活が始まった。  何の因果か能力の大半を失った私が、彼女をお世話しなければならなくなったのだ。  そんな状況下、私は奪い取った吸血鬼の能力を使い、闇夜に羽搏いていく。    こうして、最低の吸血鬼物語は続いていく。   注意:主人公は中二病を患ってかなり最低な存在となっています。
24hポイント 0pt
小説 124,912 位 / 124,912件 大衆娯楽 4,609 位 / 4,609件
文字数 16,118 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.05.07
 時は2039年。所は以前、大陸国家があった場所。人類に反旗を翻した量子コンピューターの集合体…通称、人造神。ヤツの操る異形獣共と戦うため、俺は百数十億の借金を背負って、かつて中国と呼ばれた場所へと戦いに赴いた。  いわゆるローン持ちのグランドスプリンター(強化歩兵)ってぇヤツだ。  それで今現在、俺は片足になったストームシューター(飛行猟兵)のお嬢ちゃんを背負って、異形獣と追い駆けっこと洒落込んでいる訳だ。
24hポイント 0pt
小説 124,912 位 / 124,912件 経済・企業 204 位 / 204件
文字数 47,472 最終更新日 2020.02.07 登録日 2019.04.25
3