六輝ガラン

六輝ガラン

3
高校生二年の番外十五は、【火避けの天才】と揶揄される低位能力者。見習いとして参加した作戦中、異世界転移現象に巻き込まれてしまい――。 番外と呼ばれた少年は、唯一種である混成吸血鬼に転生し、異世界ライフに身を投じる。
24hポイント 14pt
小説 11,471 位 / 44,771件 ファンタジー 3,094 位 / 15,169件
文字数 12,477 最終更新日 2017.12.16 登録日 2017.02.24
 「烙印を刻まれるくらいなら、自ら野良犬になってやる」と勤め先のお屋敷から、出奔した神代栄太は、求職中の無職である。  オンボロアパートで、半ば引きこもり状態。一般社会に馴染めないまま、先の見えない就職戦線に身を奴している。  そんなある日、元雇い主の年下令嬢、優等生な妹、金髪碧眼な姉が神隠し(異世界転生転移現象)に巻き込まれてしまう。  使い潰された元最強は、不完全チートスキル『劣化再現』を命綱に、未踏の地――異世界(衰退世界ディクライン)への単身ダイブを決行する。  そして始まる、異世界争乱。
24hポイント 14pt
小説 11,471 位 / 44,771件 ファンタジー 3,094 位 / 15,169件
文字数 224,383 最終更新日 2017.12.14 登録日 2016.09.10
透明アオトは、アラサーになっても定職につけず、『異世界転生撲滅部』なる部活動に強制参加させられている。社畜の弟と人語を操るポンコツ犬とそこそこ愉快に暮らしているが、常に虚無と生傷を抱えている。  連なり積もった心傷を回復させるため、異世界転移を試みるが、ものの数分で最高神にエンカウントしてしまう。大敗を喫したアオトは、異世界フィニスで獣人レアンとして暮らし始める。しかし、閉鎖的な部族の中で『出来損ない』と蔑まれ、鬱屈した日々を送ることになり……。    幼少期に生贄から人外に成り果てた青年(オッサン?)は、異世界に何を望むのか。    チートハーレムで俺TUEEEを謳歌する?    オンラインゲームの知識や培ったビジネススキルを活かして、第二の人生を成り上がる?     それとも牧歌的なスローライフを送るのか?     どうせならゴブリンとかスライムに転生してみる?   悪役令嬢の執事なんてどうだろうか?  ……答えは否だ。    きっとイージーモードを選択できない。  だって、犬族は『異世界』を憎んでいるし、恋慕の情を抱く女神は玉砕覚悟の『異世界戦争』だって厭わない。第一、『異世界転生』なんてあたり前の資格、彼はとうの昔に喪失しているのだから。
24hポイント 1pt
小説 4,702 位 / 18,897件 ファンタジー 1,672 位 / 7,200件
3