いぬぶくろ/戌狛瑞領

いぬぶくろ/戌狛瑞領

2
「三味線は座布団に座り、雅にペンペンと鳴らすものだ」  そう考えていた睦月は、商店街の福引きで三味線弦のハツネ糸を当てたことで、その考えを大きく変える。  三味線の講師をお願いした隣のクラスの吉川浩介と一緒に、文化祭に出演することになったが、そこで演奏するのが今まで聞いたことの無い激しい三味線音楽――ロック三味線だった。
24hポイント 0pt
小説 64,381 位 / 64,381件 ライト文芸 2,462 位 / 2,462件
文字数 18,906 最終更新日 2019.03.17 登録日 2019.03.11
何のために、どういう理由で、俺がこの世界に転生したかわからない。 でも、奴隷として生きていくのは面白くないし、何より明日を生きる気力もわかない。 そんな日常を過ごす中、目前に死に掛けたユスベル竜騎士育成学校の飛行服を着た貴族を見つけた。 天啓とも思われるその事態に喜び、自業自得で死に掛けているその貴族を助けることもなく見捨てると、俺は入れ替わりを果たした。 貴族の名前は、ロベール。 今日から、俺はロベール・シュタイフ・ドゥ・ストライカーとして生きていくこととする。 さて、いつ死ぬかわからないが、楽しく過ごすとしよう。 1章は、竜騎士学校へ潜入をする話です。 2章は、管理することとなった土地へ行き、現代知識を使って産業を作ります。 3章は、西方に出た火種を取り除くために奔走します。
24hポイント 39pt
小説 613 位 / 18,768件 ファンタジー 292 位 / 7,340件
登録日 2014.09.16
2