シャミセン☆ロック

「三味線は座布団に座り、雅にペンペンと鳴らすものだ」
 そう考えていた睦月は、商店街の福引きで三味線弦のハツネ糸を当てたことで、その考えを大きく変える。
 三味線の講師をお願いした隣のクラスの吉川浩介と一緒に、文化祭に出演することになったが、そこで演奏するのが今まで聞いたことの無い激しい三味線音楽――ロック三味線だった。
24hポイント 0pt
小説 100,311 位 / 100,311件 ライト文芸 4,361 位 / 4,361件