柊 仁

柊 仁

現在高校三年です。なろうの方でも書かせていただいております。気軽にお気に入り登録していただけると嬉しいです^_^
1
友達ができずなかなか自分を上手く出せない少年、小鳥遊璃都は父の仕事の都合で転校が多かった。 あちらこちらと転校を繰り返していくなかで璃都は人間関係、独特の"空気''にわだかまりを覚え始める。 そんな悩みに耐え切れないまま小学校を卒業し、ついには自分自身を見失っていた。 そんな時、父からまたもや引っ越しが告げられ、岩手県九戸村の祖母の家に住むことに。 そこで出会ったのは九戸の壮大な自然と、ある一人の少女だったーー。 本物の友達とは何か。生きるとは何か。 これは自分を捨てた主人公小鳥遊璃都の成長を紡ぐ、エッセイヒューマンドラマである。
24hポイント 7,668pt
小説 310 位 / 125,556件 ライト文芸 14 位 / 5,142件
文字数 72,431 最終更新日 2021.09.19 登録日 2020.03.11
1