ねこのにくきう

ねこのにくきう

自分の興味のあることを徒然に書いております。物語を書くのは初めてなので文章が拙いのはご容赦ください。誤字脱字などはご指摘いただけると助かります。アイコンははづきのん様からの頂きものです。
3
これは日本に住む一人の人間と謎の異世界から来た一匹のモフモフが紡ぐ物語。 現代日本に生きる一人のしがない人間と、そこに突然現れた一匹?のモフモフが出会うとき、一つの物語が動き出す。 どうやらこのモフモフはタイジュ様とやらに言われてここに来たらしい。えっ、なんで、モフモフがしゃべってるの?新種の生物発見なの!?どうやら目的は口にくわえて持ってきた木の枝を育てることとある場所を訪れることらしい。なんか、厄介ごとの匂いがプンプンなんですが・・・。 司が出会ったモフモフの正体とは?謎の異世界に待ち受ける真実とは?そして、司はそれを知った時にどんなことを思い、考え、どんな行動をとるのだろうか。モフモフ系ほのぼのファンタジー開幕です。 ※お気に入り登録ありがとうございます。読んでいただいている方々に感謝いたします。応援頂けると励みになります。 ※あらすじ、タイトルについては変更する可能性があります。R15は保険です。1話おおよそ1500~2000文字としています。更新は基本的に2日に1回ほど、19時を目安に更新します。 ※小説家になろうさんでも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 ファンタジー 26,104 位 / 26,104件
文字数 569,562 最終更新日 2018.11.27 登録日 2017.02.19
とある惑星に謎の組織が存在した。 彼ら5人は同じ目標を掲げて密かに活動する戦士たちだ。 彼らは何者にも縛られず、何者にも屈しない。そして夢の実現のためならば、あらゆる手段を行使することを厭わない。 しかし、皮肉にも母星には彼らの居場所は存在しなかった。 彼らの組織は徹底的に制限され、弾圧され、徐々に仲間の心も疲弊していった。 このままでは国家政府の陰謀で追放されてしまうかもしれない……。 そこで組織のトップである統領は、ある決断を下す。 この世界で受け入れられないならば、別の星で理想郷を作るしかない、と。 志を共にする同志たちと母星を旅立ち、たどり着いたのは遥か彼方の未開の星。 そこは、自分たちの星とは比べ物にならない程に原始的な生活を営む人類が存在していた。 しかし、原始的故に際限のない欲望が、渦巻く策謀が、力による支配が、無慈悲な統治が溢れていた。 善意が悪意に握りつぶされる光景、弱い者が強い者に虐げられる光景。 手段を選ばないにしても程がある! 何も知らない子供たちが、狡賢い大人たちの都合で死んでいいわけがない。 「俺たちの行動は決して善ではない。時には力も行使するだろう。そして、見方によっては、それは悪と罵られることかもしれない。しかし、目の前で横行している、善を装った悪事を見ないふりをするほどの腐った人間では断じてない!」 力があれば、何をしてもいいわけではない。悪には、悪なりのモラルがあるのだ。 善には善で報いよう。しかし、悪には悪を、力には力を持って、世界の理不尽をぶち破る! 帝国だろうが聖王国だろうが勇者だろうが魔王だろうが、俺たちの行動に文句があるならかかってこい! スキル?ステータス?魔法?そんなものが存在する世界で、彼らの科学の力は異質だった。 ドラゴンが現れたらぶん殴る、勇者が現れたらぶん殴る、魔王が現れたらとりあえずぶん殴る! 理不尽な力も純粋なパワーで何とかすればいいのである。 これは、自分たちの理想を叶えようと奔走するダークヒーローたちの物語である。
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 ファンタジー 26,104 位 / 26,104件
文字数 135,171 最終更新日 2018.10.22 登録日 2018.08.25
交通事故で死ぬ運命だったのを臨終間際で魂ごと引っこ抜かれた始。 そんな彼の前に現れたのは一人の女神だった。 そして突き付けられる選択肢、交通事故でこのまま死ぬか、それとも異世界で天司として仕事をするか。 理不尽な選択肢に渋々ながら同意し、女神を助けるため異世界エリュシオンに天司として派遣されることになった始。 彼に与えられた仕事は人々が女神を信仰することで得られる『神力』を集めること。 そして集めた『神力』を使い、更なる世界の発展を行うこと。 ゲームの世界のような設定に少しだけワクワクしながら異世界に転移した始。 しかし、当のエリュシオンは駄目神の統治によって信じられないことになっていた。 駄目神によって無計画に設計された世界は様々な生物が闊歩し、様々な思想が溢れ、様々な種族が対立していた。 もはや神にすら制御不能となった世界を始はどうやって攻略するのか。 しかもフタを開けてみれば信者0、お金0、神力0のないない尽くし。 あるのは神殿とお荷物の駄目神1柱のみ。 ハードモードを遥かに超えた、ヘルモードの設定に始の頭の血管は耐えることができるのか!? 無い無い尽くしから始まる異世界創世ファンタジーここに開幕! 始の道に立ちふさがるのは、勇者!?魔王!?チート野郎!? ちくしょう、こうなったら何でも来いヤァ。全部まとめて相手をしてやるぜ! ……あ、嘘です。ごめんなさい。許してください。 コメディ多め、たまにシリアスで征く、ご都主義をなめんなよ! 今は底辺だが、必ず成り上がってやる!
24hポイント 0pt
小説 96,164 位 / 96,164件 ファンタジー 26,104 位 / 26,104件
文字数 90,135 最終更新日 2017.09.28 登録日 2017.07.23
3