塔野とぢる

塔野とぢる

投稿している小説はすべてフィクションです。実在の団体・事件とは一切関係ありません。
14
この世界の少女の何割かは、18歳を迎える頃、透明になって消えてしまう。
24hポイント 0pt
小説 96,717 位 / 96,717件 ライト文芸 3,948 位 / 3,948件
文字数 2,227 最終更新日 2020.08.06 登録日 2020.08.06
ホラー 連載中 長編 R18
ぼくはかんきんされているのだ。 ようち゛ょ つょぃ。 こゎぃ。
24hポイント 0pt
小説 96,717 位 / 96,717件 ホラー 3,578 位 / 3,578件
文字数 9,084 最終更新日 2018.11.20 登録日 2017.01.03
ホラー 連載中 長編 R15
大学構内の地下室に放置されていた奇妙なスマートフォン。ソレに内蔵されたアプリは「僕にとっての」世界を改変する力を持っていた。あらゆる人類の知覚と、森羅万象の原理原則。迂闊にも世界の管理者権限を得てしまった僕は、巨大な思惑に巻き込まれていく。
24hポイント 0pt
小説 96,717 位 / 96,717件 ホラー 3,578 位 / 3,578件
文字数 20,165 最終更新日 2018.04.25 登録日 2018.03.20
ブログ「観察日記」。どこかネジの外れた可笑しげな管理人は、植物に寄生された様子を淡々と語り続ける。次第に狂っていく男の記述。ネット上の議論は盛り上がりをみせ、彼らは次第に気づいてゆくのだった。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2011.03.03
陰鬱な町。死んでいく音は――、
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2011.03.09
ホラー 完結 ショートショート
20XX/10/19 05:42:46 from.麻生宗助 To.自分 Title:「七階建てのエレベーター」検証方法
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2011.10.18
彼は人形に喰わせるために性器を切除したし、彼女は油絵具を拝借して性器に詰め込んだ。だけどセックスじゃない、映画なんだ。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ミステリー 508 位 / 508件
登録日 2012.05.21
私は缶詰を拾った。なんだこれ、あかない。 開かないものをあけたいと思うのは当然。だから毎晩缶詰をあける夢を見るのだって当然。でも、なんでなんでこの缶詰はあいてくれないんだろう。 そんなことばかり考えているから、毎夜の夢がゆがんでいく。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2012.07.15
僕と田中と田中と田中。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2013.09.18
ホラー 完結 ショートショート
「死にたい」と主張する女の独白。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2013.12.04
ヨセルヒトに遭ったときは彼を「受け入れる」のがよろしい。――奇妙な通り魔事件が世間を賑わせていた。犯行の手口、動機、犯人像にいたるまであらゆる面が謎に包まれ、被害者の証言もはっきりとしない。ネット上では「ヨセルヒト」という都市伝説と通り魔事件が対になって語れるようになり、さまざまな憶測を呼んでいた。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2014.02.20
とてもとってもきもちのいいあなのはなし。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2014.04.09
街中にUMAが湧いて出たと言うので、世間は激しく動揺している。それらは穴だらけの「まる」に手足が生えた姿で、きょろきょろと穴を動かしながら地べたをはいずりまわっていたらしい。今のところ実害はない。不気味だ、という一点で、僕らは彼らを排除しようと動き始めていた。  噂では既に調査隊が組織され、UMAの発生源へアプローチが試みられているらしい。酔狂な研究者と、勇敢な探検者と、まあそんな人材が派遣されていればいいもので、実情は下請けの下請けのさらに孫請け労働者がとりあえず放り込まれているとか、たぶんそんなものだろう――。
24hポイント 1pt
小説 2,968 位 / 19,447件 ホラー 36 位 / 685件
登録日 2014.07.24
 樹海で死ねずに彷徨っていた僕は、幸か不幸か森を抜けて集落に辿りついてしまった。そこで出会った不思議な女性は、事情も聞かずに僕を泊めてくれた。  夜が終わり朝を迎え、僕はその村で奇妙な光景を目撃する。各戸の玄関に据え置かれた寸胴。家々から出て来た村人たちは、口から緑色の汁を大量に吐きだしていく――。  地図にもない山奥の秘境には、恐るべき闇が隠されていた。
24hポイント 0pt
小説 19,447 位 / 19,447件 ホラー 685 位 / 685件
登録日 2014.10.04
14