5
 ガーランド帝国最強の戦士ギルフォードは、故郷で待つ幼馴染と結婚するために、軍から除隊することを決めた。  しかし、これまで国の最前線で戦い続け、英雄と称されたギルフォードが除隊するとなれば、他国が一斉に攻め込んでくるかもしれない。一騎当千の武力を持つギルフォードを、田舎で静かに暮らさせるなど認めるわけにはいかない。  そこで、軍の上層部は考えた。ギルフォードに最後の戦争に参加してもらう。そしてその最後の戦争で、他国を全て併呑してしまえ、と。  これは大陸史に残る、ガーランド帝国による大陸の統一を行った『十年戦役』において、歴史に名を刻んだ最強の英雄、ギルフォードの結婚までの苦難を描いた物語である。  俺この戦争が終わったら結婚するんだ。  だから早く戦争終わってくんねぇかな!? ※この小説は『小説家になろう』様でも公開しております。
24hポイント 7pt
小説 26,523 位 / 111,827件 ファンタジー 5,255 位 / 29,055件
文字数 159,975 最終更新日 2021.06.25 登録日 2021.04.05
 封印都市フィサエルにて≪魔境≫を隔てる巨大な結界――通称、大結界。その維持管理、修復を行っていた俺、ソル・ラヴィアスに対して、唐突に解雇が告げられた。 「引きこもりのおっさんはいらん」と告げられ、職も住居も失った俺は、全てに絶望して旅に出ることにする。しかし、俺は二十年以上も大結界の管理をしてきたから、特に『結界術』に関しては一流の腕を持っており、俺だけでアーティファクト並の結界を張ることができるようになっていた。  そんな俺が旅路で出会った大貴族――ルキア・フォン・ノーマンは俺の価値を理解し、その上で好待遇で迎えたいと言ってくれて、俺は新たに仕事を見つけることができた。  俺がいなくなって、大結界が壊れた? 知らねぇよ、勝手に滅びてくれ。 ※こちらの小説は、『小説家になろう』様でも公開しております。
24hポイント 333pt
小説 3,670 位 / 111,827件 ファンタジー 788 位 / 29,055件
文字数 115,165 最終更新日 2021.06.24 登録日 2021.04.05
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢アミル・メイヤー。 彼女は学院に通い、三年間ゴーレムの研究を続け、それにより高位の魔術師にしか使えない様々なゴーレム生成を身につけた。学院を卒業してもゴーレム狂いはおさまらず、毎日のように自室の隣の研究室でゴーレムの研究に励んでいた。 そんな中、彼女にやってきた突然の縁談。それは『アルスター王国の超新星』と名高い侯爵家の当主、レオンハルト・エルスタット。彼から与えられた言葉に、アミルは結婚を決めた。 「必要なものは全て用意します。僕と結婚して、僕のためにゴーレムを作ってください」 ※こちらの小説は、『小説家になろう』様でも公開しております。
24hポイント 21pt
小説 18,998 位 / 111,827件 恋愛 7,838 位 / 32,197件
文字数 134,638 最終更新日 2021.06.24 登録日 2021.04.05
 大陸の地下に根を張る、誰も踏破したことのない最大のロストワルド大迷宮。迷宮に入り、貴重な魔物の素材や宝物を持ち帰る者たちが集まってできたのが、ハンターギルドと言われている。  そんなハンターギルドの中でも一握りの者しかなることができない最高ランク、S級ハンターを歴代で初めて与えられたのは、『無敵の女王《アブソリュート・クイーン》』と呼ばれた女ハンターだった。  あれから40年。迷宮は誰にも踏破されることなく、彼女は未だに現役を続けている。ゆえに、彼女は畏れと敬いをもって、こう呼ばれていた。  アブソリュート・ババ「誰がババアだって?」
24hポイント 0pt
小説 111,827 位 / 111,827件 ファンタジー 29,055 位 / 29,055件
文字数 162,019 最終更新日 2021.06.02 登録日 2021.04.11
『帝国の黒い悪魔』と呼ばれた最強の戦士ラルフ。 長きに渡る大陸の戦争において常に最前線で戦い続けたラルフの活躍で、帝国は大陸全土を制圧した。そして戦争が終わると共に、ラルフに与えられたもの――それは、終身流刑という罰だった。 これは最強の戦士が罪なくして異国の地に流された後にも、その神がかった武勇によって無双し、その地に住んでいた原住民たちによって何故か神様として崇められる物語。
24hポイント 21pt
小説 18,998 位 / 111,827件 ファンタジー 3,505 位 / 29,055件
文字数 102,577 最終更新日 2021.05.06 登録日 2021.04.08
5