5
BL 完結 長編 R18
バカ王子の名をほしいままにしていたロベルティア王国のぽっちゃり王子テオドール。 あまりのわがままぶりに父王にとうとう激怒され、城の裏手にある館で謹慎していたある日。 突然、全く違う世界の日本人の記憶が自身の中に現れてしまった。 何が何だか分からないけど、どうやらそれは前世の自分の記憶のようで……? 人格も二人分が混ざり合い、不思議な現象に戸惑うも、一つだけ確かなことがある。 僕って最低最悪な王子じゃん!? このままだと、破滅的未来しか残ってないし! 心を入れ替えてダイエットに勉強にと忙しい王子に、何やらきな臭い陰謀の影が見えはじめ――!? これはもう、謹慎前にののしりまくって拒絶した専属護衛騎士に守ってもらうしかないじゃない!? 前世の記憶がよみがえった横暴王子の危機一髪な人生やりなおしストーリー! 騎士×王子の王道カップリングでお送りします。 第9回BL小説大賞の奨励賞をいただきました。 本当にありがとうございます!! ※本作に20歳未満の飲酒シーンが含まれます。作中の世界では飲酒可能年齢であるという設定で描写しております。実際の20歳未満による飲酒を推奨・容認する意図は全くありません。
24hポイント 930pt
小説 1,702 位 / 148,868件 BL 351 位 / 17,190件
文字数 201,650 最終更新日 2022.03.16 登録日 2021.10.15
BL 完結 長編 R18
※2021.3.12 加筆修正しました。 家族を亡くして、家から逃げるように小さな町で暮らすようになった僕、ルトだけど。 手探りで始めた仕事も、町の人達とも上手く馴染めずに、一人ぼっちで悲しい日々。 どうしようもなく辛くて心が折れそうになりながら、父さんからもらったルビーを眺めていると、突然、美しい庭に迷い込んでしまった。 何がなんだか分からない内に、化け物に襲われて命を奪われそうに!! 絶体絶命の大ピンチの中、今度はびっくりするぐらい綺麗でカッコいい男の人が現れて、僕を助けてくれた。 呆然としている僕に、その人は魔人だと名乗って、実はこの美しい庭のある世界に四百年も封印されていると話してきて、どうか僕に封印を解いて欲しいと頼んできた! 封印を解く鍵は遠い砂漠にある伝説の都にあるらしい!? 貧弱凡人な僕が砂漠の旅なんて無謀だけどっ! 伝説の都なんて、想像もできないけどっ! 閉じ込められているあの人の為なら……僕、頑張ります!! 孤独な少年ルトの砂漠と魔法いっぱいのアラビアン冒険ファンタジーです。 よろしくお願いします!
24hポイント 14pt
小説 28,971 位 / 148,868件 BL 6,161 位 / 17,190件
文字数 119,795 最終更新日 2021.03.12 登録日 2019.09.03
BL 完結 短編 R15
仕事一筋で四十手前まで生きてきたサラリーマンの津ヶ谷良典。 ある日、久しぶりに運動しようとウォーキングに出かけた先で、目の覚めるような和装美青年と出会う。 つい見惚れながらもすれ違おうとした時、とつぜん腕をつかまれて声をかけられた挙句に、家に住まわせてくれと頼まれて――!? アラフォーリーマンと大人の姿になってしまった妖怪の座敷童子との、ほのぼのホームラブストーリーです。 他サイト様にも掲載しております。
24hポイント 14pt
小説 28,971 位 / 148,868件 BL 6,161 位 / 17,190件
文字数 47,662 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.23
BL 完結 短編 R18
食品メーカーに勤務する市川尋史は、誰にも内緒で妖怪の覚と一緒に暮らしている。 ある日、ささいな事から覚の読心能力を分けあたえられると、知らない男の心の声が聞こえてきた! それは尋史を求める熱烈な恋する声で!? 自分への情熱を宿した声に、サラリーマンの日常は大混乱! しかも、謎の男の正体はとんでもない奴だった! という感じの恋する心の声に翻弄されるサラリーマンのラブコメ風味な中編小説です。 相手の心の声の一部が分かってしまうという特殊設定です。 よろしくお願いします! 他サイト様にも掲載しております。
24hポイント 14pt
小説 28,971 位 / 148,868件 BL 6,161 位 / 17,190件
文字数 63,419 最終更新日 2020.06.17 登録日 2020.06.12
BL 完結 長編 R18
こんにちは。 物流会社で営業職をしている宮下と申します。 最近、雨が続いていて。 全く晴れない空につられて、自分の心の中も少しモヤモヤ。 仕事がいやだなぁ~って現実逃避なんかしちゃったり。 そんなある日の帰宅途中。 突然小さな辻に閉じ込められて、不気味な黒い影に襲われてしまったんです。 訳も分からないまま絶望していると、茶色いモフモフが僕を救ってくれました。 助かったんだって喜んだのもつかの間、僕の命はあと七日だと宣告されました。 僕が生きながらえるには、不老不死の霊力をもつ果実が必要らしくて――!! そんなの知らないし、どこにあるって言うんですか!?!? 全く頭がついていかないけど、八日目の朝日を見る為に……僕は果実を探す冒険に出発します!!! 平凡を極めたサラリーマン(25)の雨の日妖怪アドベンチャーです。 よろしくお願いします。
24hポイント 7pt
小説 34,410 位 / 148,868件 BL 7,543 位 / 17,190件
文字数 114,142 最終更新日 2019.09.19 登録日 2019.09.07
5