小端咲葉

小端咲葉

のんびり屋です。ゆっくり更新になります。許してください… ど素人になりますので、皆様の意見を聞き参考にしながら書いていきたいと思います。宜しく御願い致します。
1
恋愛 連載中 長編 R15
「やっと会えた。もう離さないよ、私の番。」 殿下は、蕩けるような笑顔で私の頬をそっと撫でる。 へ??どういうこと??? ______________________________ パッフェルト王国は大陸一の王国であり、精霊を愛し、精霊に愛される国。 パッフェルト王国名門ヴァランガ侯爵家が長女リリアナ・ペトル・ヴァランガは誰にも言えない前世の記憶を持っていた。 虐げられ、罵倒され生きてきた悲しい悲しい前世の記憶。 そんな愛されなれていない彼女を愛したのはパッフェルト王国王太子アラン・ペトル・ド・フォン ・パッフェルト殿下?!?!! 甘い言葉を囁く王太子についていけず、何度も逃げようとするも王太子からの執拗なアプローチは一向に止まなくて… 腹黒王太子の完全なる策略に為すすべもないリリアナ。 「あれ?これってもしかして…逃げられない…?」 *残酷描写、胸糞悪い描写等ありますのでお気をつけください。 *この作品は「小説家になろう」にも掲載しています。 *ガバガバ設定・矛盾等の発生あるかと思います。気づいた点などありましたら、感想機能などでお知らせください。 _______________________ 初投稿作品です。 至らぬ点もあるかと思いますが読んでいただけたら幸いです。
24hポイント 92pt
小説 8,705 位 / 111,803件 恋愛 3,894 位 / 32,187件
文字数 120,637 最終更新日 2021.04.26 登録日 2019.12.29
1