1
旧題:転生したら、なんか頼られるんですが。俺は楽しんでいただけですよ? ブラック企業に勤めていた会社員の江崎塁。彼は、帰宅途中交通事故にあって死亡してしまったことを、謎の白髪の少女に告げられた。 矢継ぎ早に話され、訳の分からないまま気を失う。 次に目を覚ましたのは、知らないはずなのに、どこか見覚えのある高級そうな部屋だった。 なんと江崎塁は、エルティードという名の幼児に転生したのだった。 魔法の使える世界で楽しく、時にはトラブルに巻き込まりして過ごす中、いつしかエルティードは頼られるようになっていく。 ※書籍の続きは帝国編からとなっております。
24hポイント 1,513pt
小説 1,118 位 / 148,185件 ファンタジー 268 位 / 35,307件
文字数 236,857 最終更新日 2022.08.07 登録日 2020.04.26
1