大きな鯨

大きな鯨

他でも書いてます……が、相手にされず寂しいのでこっちに来ました。 ちょいちょい投稿します。
7
 ——エデンに到達したものは、魔王様から願いを叶えてもらえる  そう言い伝えられるエデンとは、空に浮かぶ大きな島のことだ。  世界は魔王が作り出したエデンに熱狂し、一丸となってエデン到達を目指した。  その攻略のために、世界が出した答えは「飛空艇団」だった。    エデンが誕生してから数十年、世界は飛空艇の開発、パイロットの養成に全力を尽くし、ついには機体の性能は音速を超え、数多くの優秀なパイロットを選出するまでになった。  そして、この物語は、優秀なパイロットになる夢を抱いた学生チームが、いつもの演習に精を出しているところから始まる。  しかし、そこで、思いがけないアクシデントに見舞われてしまい、主人公の女の子が不思議な体験をすることになる。  それは、その日を境に日常にもちらほら散見するようになり、一般人としての日常では起こりえない、小さな変化が起き始めていた。  驚くこと、嬉しいこと、ちょっぴり怖いこと……なぜこんなことが起こるのか? なぜだか誰もが肝心なことを避けるように答えを拒み、教えてはくれなかった。  とはいえ、世界は平和そのもので、女の子の夢を壊すようなこともなく、変化はとても緩やかに、そして、大胆に行われていった。  そんな、飛空艇一筋、空に魅せられた女の子の物語はドタバタとした緩い感じで始まりを告げる……! ******   皆さまには、主人公の女の子がエデンに到達できますよう、暖かく見守っていただけたらと思いますので、よろしくお願いいたします。  また、この話は「みんなシネばいい 〜転生したら魔王でした〜」というR18指定の過激な物語の続編なのですが、そちらを読まなくても楽しめるようにいたしました。  ご興味がおありでしたら前作もよろしくお願いいたします。
24hポイント 7pt
小説 17,831 位 / 68,605件 ファンタジー 4,344 位 / 20,730件
文字数 110,184 最終更新日 2019.11.19 登録日 2019.04.22
 主人公、内山悠一郎 アラフォー スケベ親父の俺は、脱サラして喫茶店サウスウィンドをオープンしたのだが、シャッターを開けると見知らぬ異世界だった。  ——力が欲しいか?  不意に襲われた頭痛と共に、しつこく迫るその声に負けて力が欲しいと願ってしまえば、その声の主は魔王ギルデガースと名乗った。  魔王ギルでガースに無理やり交わされた契約によって、俺は魔王の配下となり、力を得た。  しかし、誰にも負けない力が欲しいと願ったはずの力は、ステータスは初期値、スキルはすぐに使えないといったお粗末な代物だった。 「……あの魔王、力が欲しいか? なんて言って、全然チートじゃねぇじゃねぇか!」  そう、俺がスキルの使えなさに憤慨していると、お店のドアが大きな音を立てて開き、喫茶サウスウィンドの記念すべきお客様第一号がダイナミックに入店してきた。  そのお客様は、勇者パーティから追い出されてしまった自称大魔法使いを名乗る巨乳の女の子で、来店するなり俺に向かって啖呵を切る。 「見つけたわ魔王の手先!」  そう、指さされた俺は、この子に退治されてしまうらしい。  戦おうにもステータスは貧弱、スキルはポンコツといった状況で、元勇者パーティの大魔法使い様には勝てないと悟った俺は、はなから戦いを選ばなかった。  そして、なんだかんだでその子と仲良く牢屋に放り込まれた俺は、魔王を倒して次代の魔王になることを決意する!  なぜなら、ポンコツだと思っていたスキルはチート極まりない潜在能力を秘めており、配下の俺を魔王にしてみせると豪語した。  なんとも他人任せな下克上だが、目指すは異世界魔王喫茶のマスターだ!!
24hポイント 7pt
小説 17,711 位 / 68,605件 ファンタジー 4,324 位 / 20,730件
文字数 166,033 最終更新日 2019.08.19 登録日 2019.04.26
主人公 「花 涼介」は、大学の入学式に向かう途中、突然異世界転移をしてしまう。 その先に待っていたのは、高度に成長した近未来。AIとアンドロイドによって平和を享受していた世界だった。 しかし、歪んだ運命によって転移した世界を救う羽目に…… チートな力はなにも与えられず、ただの人間としてできることを精一杯やろうとするも、全ての知識は完全に時代遅れ……。 それでも最後には…… これは、苦悩と無力を気持ちで乗り切る一般人の小さな冒険譚 *なろうに掲載していますが、結末は変えようと思います。
24hポイント 0pt
小説 68,605 位 / 68,605件 ファンタジー 20,730 位 / 20,730件
文字数 107,863 最終更新日 2019.04.27 登録日 2018.11.09
テンプレのような展開で、僕はグロリエスという世界に転生した。 クソみたいな人生を送っていた僕は、人間なんて絶滅すれば良いと思っていたせいで……魔王となって転生を果たしてしまったようだ。 都合のいいことに、ステータスはカンスト、スキルは笑っちゃうくらいチートで、これから、この世界の人間を皆殺しにしないといけない。 まったく、なんて簡単なお仕事なのだろう。 こうなったら、前世の恨みをこの世界で晴らしてやる! そんな決意を胸に、魔物サイドのチート物語を伝説へと変える。 *** 完結いたしました! (即答ではありませんが、感想をいただければ感謝を込めて返信いたします! ただ、強い心を持ち合わせてはいないので、心が折れてしまった場合は断念させてください……) ※とぉ様からイラストを提供していただきました! 掲載許可をいただきましたので、表紙、挿絵として使用させていただいております。 この作品を愛でていただき感謝しかありません! あざっす!
24hポイント 85pt
小説 6,308 位 / 68,605件 ファンタジー 1,582 位 / 20,730件
文字数 454,791 最終更新日 2019.04.22 登録日 2018.11.01
恋愛 連載中 長編
美人で有能な上司の優子さん。 とても頼りになって、仕事では助けられてばかりなのに、なぜかアフターではグダグダになってしまう。 仕事終わりによく行く居酒屋では有能さのかけらもなく僕へとくだを巻き始める始末だ。 しかし、後輩である僕は飲み会を断るなんて事はできない……飲みニュケーションってやつなのだろうか? 僕みたいな普通の部下を引き連れて行ったところでメリットなんてないはずなのに…… なんで優子さんは僕を誘うのだろうか? まったくもって謎である……
24hポイント 0pt
小説 68,605 位 / 68,605件 恋愛 17,675 位 / 17,675件
文字数 29,641 最終更新日 2018.12.18 登録日 2018.10.29
ひょんなことから、堕天してきたというルシファーと出会ってしまった僕。 しかし、黒い翼だけしか堕天使だと証明するものはなかった。 出会いは珍妙で、嘘みたいな話だけど、最後には堕天使なのだと僕は理解することになる。 そんな、雨が降った日のノスタルジックなお話。
24hポイント 0pt
小説 68,605 位 / 68,605件 大衆娯楽 2,118 位 / 2,118件
文字数 2,991 最終更新日 2018.10.27 登録日 2018.10.27
人生をクエスト風にしてみたら、僕は電車が嫌いだとわかりました!
24hポイント 0pt
小説 68,605 位 / 68,605件 大衆娯楽 2,118 位 / 2,118件
文字数 2,392 最終更新日 2018.10.27 登録日 2018.10.27
7