6
恋愛 連載中 長編 R15
「フェデリカ…仕置きだ。お前を愛おしく思う男の前で他の男の名を口にするとどういうことになるのか…身をもってわからせてやる。」 もう会うこともないと諦めたはずの愛しい人が目の前に現れた。この国の最高権力者、皇帝として…。 幼い頃、錆びれた教会で出会った孤児のフェデリカと、謎の青年ヴィンセント。 二人は拙い逢瀬を重ね、やがて惹かれ合い将来を誓い合う。 けれど二人の恋は大きな運命の波に飲み込まれ、引き裂かれる。 フェデリカは実の父親に引きとられ人質のように皇帝の後宮へ送りこまれたのだ。 愛する人との約束を守れなかったことに絶望するフェデリカの前に現れた皇帝は、あの将来を約束したヴィンセントで…?
24hポイント 16,347pt
小説 105 位 / 55,512件 恋愛 54 位 / 13,196件
文字数 89,791 最終更新日 2019.09.14 登録日 2019.09.02
恋愛 連載中 長編
「貴族様のようには優しくしてやれんぞ。それでもあなたは私のものになるんだ。」 兄が起こした事件により都を追われて北の辺境地に来たユリアが出会ったのは、銀色の狼を思わせるこの地の支配者ゲルハルト。 彼はこの地の正式な領主となるため、ユリアに結婚を持ちかける。 政略的な愛のない結婚とは裏腹にユリアは彼の強さに惹かれてゆく。 ※「囚われの令嬢は、皇太子殿下の取調べに陥落する」のスピンオフです。 ララと友人となったユリアが北の地で成長してゆく物語です。 これだけでも楽しめるようになっています。
24hポイント 582pt
小説 1,681 位 / 55,512件 恋愛 687 位 / 13,196件
文字数 43,596 最終更新日 2019.07.23 登録日 2019.07.19
恋愛 連載中 長編 R15
「女の口を割らせるには何が一番有効か、知っているか?」 愛しい人が悲しい微笑みを浮かべて囁く…。 父に無理矢理連れて行かれた夜会でララは皇太子暗殺の容疑者として捕らえられる。 けれど、連れて行かれた先はなぜか皇太子の私室で!? 「私が直接取り調べる。」 人払いされた密室で、皇太子の取り調べが始まる…。 星に夢中な変人ララと豪腕の皇太子レオンハルトの恋の行方。 ※「公爵様のお気に入り嬢の受難」のスピンオフですが、こちらのみでも楽しめるようになっています。
24hポイント 674pt
小説 1,483 位 / 55,512件 恋愛 613 位 / 13,196件
文字数 100,950 最終更新日 2019.07.09 登録日 2019.06.25
恋愛 完結 短編 R18
「エレナ、夜伽をせよ。これは王太子としての命令だ」 愛しい人の残酷な要求を、どのようにしてエレナが受け入れたか。 その夜の出来事をご覧ください。 ※「王太子殿下の愛人選び」の番外編です。"王太子の命令"のあとの二人を書いてみました。本編を読んでいないとわからない内容なので、そちらからお読み下さい。 また、激しい性描写がありますので本編のイメージを損なう可能性があります。嫌な方は回れ右して下さい。R18ですので、18歳以下の方は絶対に見ないで下さい。
24hポイント 915pt
小説 1,163 位 / 55,512件 恋愛 492 位 / 13,196件
文字数 10,290 最終更新日 2019.06.19 登録日 2019.06.14
恋愛 完結 長編 R15
「君が選ぶんだ。」 残酷な選択をさせる公爵様は思い出の恋人だった。 街で人気の針子リリアーナは、将来を約束したものの行方が分からない恋人フリッツを忘れられない日々を送っていた。 ある日、新しい仕立ての仕事で偶然フリッツに再会する。 彼はなんと公爵様になっていて…?
24hポイント 397pt
小説 2,310 位 / 55,512件 恋愛 897 位 / 13,196件
文字数 59,262 最終更新日 2019.06.12 登録日 2019.06.06
恋愛 完結 長編 R15
「エレナ、夜伽をせよ。これは王太子としての命令だ。」 婚期を逃してしまった田舎貴族のエレナは、自分の生きる道を求めて王都を目指す。 ところが知らない間に、王太子殿下の愛人候補として王宮へ入ることになってしまい?! しっかり者で自立心が強いエレナと、女にはうんざりしている王太子ルドルフの大人だけれどピュアな恋のお話です!
24hポイント 773pt
小説 1,317 位 / 55,512件 恋愛 550 位 / 13,196件
文字数 69,975 最終更新日 2019.06.10 登録日 2019.05.26
6