結城かおる

結城かおる

ハイファンタジー(東洋風など)や歴史もの(東洋史・日本史)などを書いています。
3
ユーラシア大陸の東西交通路は、古来からヒトやモノ、宗教などが行きかってきた。 その煌めきと貴重さで人々の羨望の的、富の象徴、愛の証、そして争いの火種となってきた宝石もまた。 歴史のはざまに現れ、消えていった物語のかけらたちをお届けします。
24hポイント 0pt
小説 65,998 位 / 65,998件 歴史・時代 760 位 / 760件
文字数 31,761 最終更新日 2019.05.31 登録日 2019.04.30
時は巡り人も変わるが、炎に身を焦がす蛾のごとく、汝はただ恋に悶えよ――。 「うんかんのべっかく」。いにしえの中国、盛唐の時代。宮城の奥深く人の通わぬ陰鬱たる池のほとりで、若い女官の木蘭(もくらん)は美貌の宦官の悲恋を聞かされ、また同室の臈たけた女官から、愛について手習いを受ける。そして、自らの出生と宮城との因縁を知った木蘭の前に、ある悲劇が――。 男と女、男と男、女と女、時を越えて絡み合うそれぞれの愛のかたち。 女性の同性愛的描写、また男性の同性愛についての言及がありますが、どちらも軽いものです。 なお、表紙も作者が描いております。 第5回歴史・時代小説大賞にエントリーしています。応援よろしくお願いいたします。 「小説家になろう」「カクヨム」「マグネットマクロリンク」「セルバンテス」との重複掲載です。
24hポイント 0pt
小説 65,998 位 / 65,998件 歴史・時代 760 位 / 760件
文字数 10,537 最終更新日 2019.04.29 登録日 2019.04.27
その娘は「鳳凰」の翼に憧れ、「走狗」となって長安の修羅を駆け抜ける――。 大唐華やかなりし頃、高宗の御世。 高官の娘で美貌を誇る仙月(せんげつ)は、若年ながらいつか高みに飛翔せんと野心をたぎらせ、あえて宮女の道を選んだ。仕える相手は、絶大な権力を握る則天武后である。 彼女は武后の「狗」として宮中の暗闘に身を投じ、ときには手を血で汚しながら野望の階梯を這いあがっていく。 そして、遂には高宗の寵姫である妹の仙花(せんか)と対峙するが…。 第5回歴史・時代小説大賞にエントリー中、応援よろしくお願いいたします。 4月26~28日の3日間、17:10分に3話分ずつ更新、全9話で完結。 「カクヨム」「小説家になろう」「マグネットマクロリンク」との重複掲載です。 表紙イラストも自作です。
24hポイント 0pt
小説 65,998 位 / 65,998件 歴史・時代 760 位 / 760件
文字数 12,759 最終更新日 2019.04.28 登録日 2019.04.26
3