過去の自分を振り返る人だけが成功する理由

本当に夢が実現する、たった3つのステップとは?

Getty Images

誰しも望む未来があります。しかし、その未来を実現できる人は、ひとにぎりだと考えていませんか? そんなことはありません。未来の自分を変えるヒントは、あなた自身の中にあるのです。過去に「目をつけ」「掘り下げて」「引き出す」。このプロセスの繰り返しが、あなたの未来を大きく変えるのです。ここでは、自分自身を「振り返る」ことで見えてくる、あなたが望む未来の導き出し方を紹介していきます。そう、あなたの過去は宝の山なのです。 

振り返る前に今の自分をチェックする

「振り返り」の意義や効果について理解していただいたところで、本章では、具体的な「振り返り」の方法についてお話ししていきます。

まず振り返るときには、自分自身の「振り返り」から行います。自分の状態をチェックしてみましょう。気持ちが落ち着かない状態で振り返ろうとしても、うまくいきません。面倒くさいという気持ちが先に立ってしまいます。

簡単に、自分の体の調子、感情の動き、思考の動きを順番にチェックしていきます。簡単に感じ取るだけで結構です。
もしも、そわそわしたり、不安を感じている状態ならば、気持ちを落ち着けるために深呼吸をしてみましょう。
瞑想が得意な方は、1~2分瞑想してから始めても構いません。
また、両手の指を組み合わせ、頭の上にあげて、大きくのびをしながら声を出すなどして気持ちを切り替えてみるのもおすすめです。

振り返りの手順は3段階

振り返りは、手順を3つの段階に分解することができます。

1.目をつける
2.掘り下げる
3.引き出す

「目をつける」というのは、注目することです。目的と対象の範囲を時間的、空間的に特定することです。いつどこで起きたことについて、何を知りたいのか、何を探求したいのかに注目します。
目をつける対象は、今日一日という場合もあれば、三年前のことや五年先の活動などの場合もあります。任意の探索範囲を決めます。
たとえば、今後仕事をしていくうえでの自分の「やる気の素」を探るために、まだ社会のしがらみをもっていなかった幼少期の「好き」「得意」「憧れ」について探索してみようと決めることが、「目をつける」ということです。

「掘り下げる」というのは、探索範囲の内容を探究し、検証・分析することです。一日の活動を細かに思い出して検証したり、五年間の活動を洗い出して分析したりすることです。
たとえば、幼稚園や小学校の頃に熱中していたことを書き出してみて、「好き」「得意」「憧れ」などを思い出します。一つひとつのエピソードを思い出しながら、それを味わったり、分析したり、連想したりしてみます。

「引き出す」というのは、掘り下げた内容から、目的にかなう知恵や情報やアイデア、または意欲や価値観といった、目に見えないものを引き出すことです。
今日一日の学びや教訓、五年間で得られた情報や経験の価値を引き出していきます。
たとえば、幼少期の「好き」「得意」「憧れ」の経験を分析した結果、「創意工夫をする」とか「仲間と協力する」とか、「世界中の異文化を経験しながら人々と出会う」などという価値観を引き出すこともあります。

これによって、やりやすい方法や教訓、新製品や新サービスのアイデアなどが引き出されることもあります。

振り返りの3大対象

私たちが振り返るときに、何を対象とするかは大まかに3つに分けることができます。
それは、次の3つです。

・自分
・他人
・全体(周囲・状況)

対象に目をつけ、体験を掘り下げ、価値ある知恵や情報を引き出す。これが「振り返り」です。
引き出された知恵や情報を未来に活かすために、振り返るのです。

振り返りの目的を明確にする

振り返りは、対象に目をつけることから始まります。「目をつける」というのは、目的を明確にするということです。なんのために振り返るのかを設定するのです。そうでないと、何をしたいのかわからず、うまく振り返ることができません。
目的とは、大げさなものではありません。たとえば、

・今日一日のできたことを確認する
・今日一日の活動から明日すべきことを確認する
・今日一日の活動からの学びを引き出す

など、小さなことで構いません。問題意識を整理することであり、課題を認識し、意図を明確にするということです。


藤由達藏「過去の自分を振り返る人だけが成功する理由」書籍の詳細はこちら

ご感想はこちら

プロフィール

藤由達藏
藤由達藏

1991年早稲田大学卒業後、文具・オフィス家具メーカーPLUSに入社。営業職、本部企画職、全プラス労働組合中央執行委員長等を経て、2013年9月に独立。コーチングを核に、各種心理技法や武術、ヘミシンク、労働組合、文芸・美術・音楽創作等の経験を統合し、「気分と視座の転換」を重視した夢実現応援対話技法を確立。2016年9月、株式会社Gonmatusを設立。夢実現応援家®を養成し、全国のビジネスパーソンの夢実現を応援している。

著書

過去の自分を振り返る人だけが成功する理由

過去の自分を振り返る人だけが成功する理由

「過去の自分は宝の山である」をキーワードに、自分自身を振り返ることで、未来の成功を手に入れることができるという事実とノウハウをわかりやすく解説し...
出版をご希望の方へ

公式連載