今どきの若手の育て方

今どきの若手は「やる気」がないのではない。3つの条件が揃えば期待以上に動く!!

2019.06.27 公式 今どきの若手の育て方 第8回
Getty Images
Getty Images

納得すると期待以上に動く

合理性を重視する若手ですが、一度納得すると期待以上の仕事をするときがあります。それはなぜでしょう。

ある車の部品メーカーの方の事例ですが、いくらみんなが頑張っていても、定時になると即帰宅する若手がいました。

しかしある時期から、部品を製作するために「今日は残業だ!」と自ら率先して頑張り成果を出したのです。

この変化がなぜ起きたのかがとても重要です。それは「やりがい」を感じたからと言うことができます。やりがいとは、その人が「頑張る理由」です。実はやりがいとは、大きく3つの段階に分けることができます。

【やりがいの第1段階「生活やお金のため」】

「なぜ、この仕事をしているのですか?」と聞くと、やりがいのない若手は、必ずこう言います。

「生活のためですよ」

または、

「お金のためです」と。

もちろん、生活のため、お金のために仕事をするのは間違っていません。とはいえ、この仕事においてのやりがいと言うことに関しては、低いと言わざるを得ません。

もっといい処遇の企業や、給料がいいところがあれば、すぐにでも転職する可能性があります。

部品メーカーの若手も、最初はこの意識段階であったと言えます。仕事は定時で終わり、あとはプライベートを充実させることが大事と割り切っていました。

しかし、この意識レベルの若手も仕事を通して、キッカケがあれば、やりがいは徐々に向上していくのです。

【やりがいの第2段階「自己成長」】

それは、「自己成長」です。仕事によって、新しい知識が増えていくのを感じられたり、できなかったことができるようになっていく。つまりスキルアップしていることを実感でき、成果に繋がっていくことで、やりがいは増えていきます。

クラブ活動や勉強でも、いくらやっても伸びない時期があります。しかし、継続することで上手くなったり、勉強も理解できるようになっていくと、その面白さが分かり、「もっと練習しよう」や、「もっと勉強しよう」という気持ちになっていきます。これが「自己成長」を感じられたときです。

先述の若手が取り組んだのは新しい部品の製作でした。難しい課題ではありますが、製作にチャレンジする中で試行錯誤し、自己成長を感じはじめました。

もちろん、持ち前の負けん気の強さも理由になったと思います。そして、ベテラン上司や先輩たちの超一流の知識やスキルを見ることで、さらに自身のレベルアップを図ることができていったのです。

しかし自己成長とは個人の中で完結するものなので、ある程度できるようになると徐々に落ち着いていきます。

やりがいをさらにあげる要因は、別のところにあるのです。

【やりがいの第3段階「貢献」】

それは、「貢献」です。自身が培った知識、スキルが成果となり、「誰かの役に立ったとき」「何かの役に立ったとき」に大きな達成感を得られるのです。自分の仕事がどんな意味を持つのか、そして自分はどんな貢献をするのかを理解したときに、その人の頑張りは、さらに大きなものになります。

人は自分のためよりも、他者のためのほうがやりがいを感じるのです。

例えば、どんなつらい仕事でも、家族のためや、子どものためと考えたほうが、頑張る気持ちが増えていくのではないでしょうか。

部品メーカーの若手が「今日は残業だ!」と叫んだ理由は、どうしても完成させたいという熱い思いが生まれたからです。

それは、高齢者が安全に運転できる車にし、命を守るという目的のためでした。彼には祖父がいましたが、車の運転でヒヤッとしたという経験を何度かきいたことがあり、高齢者の困っていることを理解したそうです。

「自分の力で何とかしてあげたい」。その思いが、仕事を頑張る原動力になったのです。上司や、先輩もまた同じ思いを持って仕事をしています。そのことにより、若手の気持ちも少しずつ変わっていったということです。

ご感想はこちら

プロフィール

石田祐一郎
石田祐一郎

株式会社GO FRONTIER代表取締役。大学卒業後、婦人服アパレル企業に就職。いちスタッフから数店舗の店長を経て、マネージャーとして全国を回る。その後、課長に抜擢。ブランド存続の危機の中で、社員一丸となって業績を挽回。さらに商品部長を経て取締役営業部長となり、全社の古い企業体質を改善。退職後はコーチング、アドラー心理学、メンタルケアを学び、プロコーチとして独立。現在は年間150回以上登壇し、成果が出るマネジメントとコミュニケーションのコツを全国で伝えている。

著書

今どきの若手の育て方

今どきの若手の育て方

「今の若手はやる気がない」「すぐに会社を辞めてしまう」「いくら教育しても育たない」――。いわゆる「ミレニアル世代」と呼ばれる若手の育成に悩むリー...
出版をご希望の方へ

公式連載