真中流マネジメント

真中満×野球(2)――大学野球・強者との対決で見えてきた“プロ野球”

2016.10.28 公式 真中流マネジメント 第15回

“2部リーグ”スタートの大学野球

「入れ替え戦」で放ったサヨナラホームラン
先輩に恵まれ、2年生春から1部リーグ昇格

こうして大学に進み、日大野球部にお世話になることになりました。チームは当時あまり奮っていなくて、東京の大学野球リーグである「東都リーグ」でも2部どまり。私の大学野球は、2部リーグからのスタートでした。

ところが運のいいことに、チームの先輩に、のちに投手として中日に入る落合(英)さんがいたんです。彼の活躍を中心にチームの調子が上がり始め、私が1年生の秋、見事「1・2部入れ替え戦」を制し、1部昇格を果たしました。この入れ替え戦には私も出場し、最終打席では、なんとサヨナラホームラン。このときの活躍もあってか、その後は卒業までずっとレギュラーでやらせてもらいましたね。

また、昇格を果たしたことで、2部リーグ用の神宮第2球場から、1部用のメイン球場でプレイできるようになりました。嬉しかったですね。この球場では、もちろんヤクルトスワローズの試合も行なわれていました。当時のヤクルトは古田(敦)さんや池山(隆)さん、広沢(克)さんなど、球界を代表するスター選手がいましたから、そんな選手達と同じ球場でプレイできるだけでも、ずいぶん刺激的でしたね。

それに、今でこそプロスカウトは2部リーグにも来るようですが、当時は「1部にしか来ない。だから1部の選手しかプロには行けない」と言われていたので、そのあたりは本当にツイていたと思います。

ご感想はこちら

プロフィール

真中満
真中満

1971年栃木県大田原市出身、宇都宮学園高等学校を経て日本大学卒業後1992年にドラフト3位で東京ヤクルトスワローズに入団。
2001年は打率3割を超えリーグ優勝、日本一に貢献。2008年現役を引退。
2015年東京ヤクルトスワローズ監督就任1年目にして2年連続最下位だったチームをセ・リーグ優勝に導く。
2017年シーズン最終戦をもって監督を退任。

出版をご希望の方へ