「仕事が遅い上司・部下」を動かす、ちょっとズルい裏ワザ

Getty Images

お願いした仕事……やってくれてないじゃん!

仕事などのやり取りで結構厄介なのが、こちらが何かを頼んだ時に「ああ、やっときます」と返事したのにやらない人です。「今はできないよ」と言ってくれればいいのですが、「やる」と言っておいてやらない。

そういう相手が、上司だったり、部下だったり、同僚だったり。場合によっては発注先だったりもしますが、とにかく運が悪ければ、こういう人にあたって振り回されることになります。

こういう人を確実に動かす方法として、よく「指示や依頼の内容を具体化する」「期限を区切る」といった方法がすすめられます。実際、皆さんもやっているでしょうし、ある程度の効果もあるでしょう。

ただ、こうした方法はこちらの立場が相手より上でないとちょっと使いにくいですし、そもそもこういう人は指示を具体化したところで平然とやらないところに厄介さがあるのです。

そこで今回は、ギリシャ・ローマ式弁論術から、こうした相手を動かす方法をご紹介しましょう。ちょっと方法としてはドギツイかもしれませんが、「やる」といってやらない人間を確実に動かしたいのなら、このくらいのことは最低限やる必要があります。

理屈を語ったってダメ

そもそも、こういう「やる」といったくせにやらない人というのは、なにを思っているのでしょうか?

端的に言えば、「やろうがやるまいが、自分には影響がない」と思っているからやらないのです。ならば、こういう人を動かすには「影響がある」と思わせることが大事でしょう。それも、心の底から思わせなければなりません。

それには理屈で理解させようとしてもダメ。この手の人は、理屈で解消されたりはしません。もっと直接的に心を揺さぶらなければならないのです。

そのためにはどうすればいいのか?

ここでちょっと復習。第八回で、キケローが示した人を言葉で動かすための二つの道筋をご紹介しました。それが次の二つ。

1、義務感に訴える
2、感情をあおる

第八回では、格上の相手を動かすために1の義務感を利用する方法を見ましたが、今回の場合、なんといっても2の感情(パトス)でしょう。義務感を利用しようにも相手の義務感が弱いから、そういう状態になっているのですから。では、どのような感情をあおればいいのか? 

それは「恐怖」です。

「恐怖」は歴史的に見ても、人を動かすのに利用されてきた由緒ある(?)感情です。政治指導者は刑罰の恐怖、敵国の恐怖などによって大衆を動かしてきましたし、恐怖を利用した犯罪である恐喝は、はるか昔から今に至るまでなくなりません。

そこまでたいそうな話でなくても、家庭で一度は耳にする「お父さんに言いつけるよ」「お母さんに言いつけるよ」「次やったら、おやつはなしだよ」などというのも、ソフトな形にせよ、本質的には恐怖を利用して人を動かそうとしているのです。

それだけ恐怖は、幅広い人を動かすのに使い勝手のいい感情だと言えます。

ご感想はこちら

プロフィール

高橋健太郎
高橋健太郎

横浜生まれ。古典や名著、哲学を題材にとり、独自の視点で執筆活動を続ける。近年は特に弁論と謀略がテーマ。著書に、アリストテレスの弁論術をダイジェストした『アリストテレス 無敵の「弁論術」』(朝日新聞出版)、キケローの弁論術を扱った『言葉を「武器」にする技術』(文響社)、東洋式弁論術の古典『鬼谷子』を解説した『鬼谷子 100%安全圏から、自分より強い者を言葉で動かす技術』(草思社)などがある。

出版をご希望の方へ