夕日(夕日凪)

夕日(夕日凪) (著者名:夕日(夕日凪))

ちまちまと色々投稿しています。書籍もちょこちょこ。一般文芸系は夕日凪、それ以外は夕日という名義です。

ユーザをお気に入り登録すると、新しい記事が投稿された際にマイページの「お知らせ」にて通知を受け取ることができます。

85 12345

本日の短編(22)前

『怖い夢を見た日には』マクシミリアンside

 いつもの時間にお嬢様を起こしに寮の部屋へと向かうと、寝起きがあまりよくないお嬢様が珍しくすでに寝台の上に身を起...
コメント 0
登録日 2018.11.22 05:17

本日の短編(21)後

 涙が耳に入らないように気をつけながら身を起こして、手でぐしぐしと涙を拭う。
 ああ……なんて嫌な夢。
 もしかすると、現実だったかもしれない、そんな夢。

...
コメント 0
登録日 2018.11.22 00:33

本日の短編(21)前

『怖い夢を見た日には』ビアンカside

 夢を見た。

 わたくしは、ゲーム通りの悪役令嬢のビアンカ・シュラットで。
 マクシミリアンから憎々しげな表情...
コメント 0
登録日 2018.11.22 00:33

本日の短編(20)

マクシミリアンとビアンカの昔からの習慣。


『おはようとおやすみと』

「おはようございます、お嬢様」

 わたくしの朝は、マクシミリアンの声で始ま...
コメント 0
登録日 2018.11.20 08:11

本日の短編(19)

本日の短編。
ベルーティカ王女のその後、その2。


『犬と職人』

 パン屋での仕事が終わり。
 私はセラのお店から少し離れた家の屋根の上で、働く彼...
コメント 0
登録日 2018.11.19 07:52

本日の短編(18)後

 パン屋に向かった私は丁寧に手を洗うと誰もいない広い厨房へ入り壁に貼ってあるリストを確認した。
 ここの森のめぐみは店頭販売だけではく、各家庭への配達や、貴族の家...
コメント 0
登録日 2018.11.19 00:50

本日の短編(18)前

本日の短編。
ベルーティカ王女のその後。


『パン屋の朝は早い』

 毎朝、目が覚めると体の節々が少し痛い。
 慣れない固いベッドのせいね……なんて...
コメント 0
登録日 2018.11.19 00:49

本日の短編(17)

本日の短編。
マクシミリアンとジョアンナ、使用人がだらだらするだけの話。



『使用人達の午後』

 使用人サロンの高位貴族の使用人に用意された部屋...
コメント 0
登録日 2018.11.18 07:12

本日の短編(16)

本日の短編。
ビアンカとマクシミリアンと恋文の話。



『マクシミリアンからの恋文』

 以前デートで恋文をくれるとマクシミリアンは約束してくれたの...
登録日 2018.11.17 15:35

本日の短編(15)後

 火の魔石を使ったコンロで沸騰しすぎてしまわないように注意しながら牛乳を温め、ココアパウダーを大きめのカップに入れる。このパウダーは割と甘さ控えめだから……お嬢様の...
登録日 2018.11.16 23:10

本日の短編(15)前

マクシミリアンとビアンカがイチャイチャしているだけのやつ。
時系列的には11~12歳頃。


『冬の寒い日に』

「マクシミリアン、寝る前に温かいものが...
コメント 0
登録日 2018.11.16 23:10

本日の短編(14)

本日の短編。
斉藤優吾君とみこちゃんのもしもの話。
みこちゃんが海で溺れなくて転生せず、
ユウ君とお友達付き合いが続いていたら。


『もしかするとあっ...
コメント 0
登録日 2018.11.13 06:16

狼の番の短編。

実は狼の番の短編もお月様の活動報告にアップを開始致しました。
アルファ様の近況ボードはR18警告を入れられないので、
ひとまずR18をきちんと隔離できるお月様の...
登録日 2018.11.11 19:29

本日の短編(13)

ゾフィーとノエルの続き。


『彼女はうんと言ってくれない・2』

「……トド……」

 彼女の言葉を復唱しながら、俺は思わずぽかん、とした。

...
登録日 2018.11.11 19:20

本日の短編(12)

本日の短編。
今回はゾフィーとノエルのお話。



『彼女はうんと言ってくれない・1』

「ねぇ、ゾフィー。婚約の件なんだけど……」

 教師の体...
コメント 0
登録日 2018.11.11 08:29

本日の短編(11)後

「ママママクシミリアン! それ、くすぐったい!」
「私が狼の獣人になった時……お嬢様は遠慮なく触れてらっしゃいましたよね?」
「触ったけど! ひゃあっ!」

...
登録日 2018.11.10 23:06

本日の短編(11)前

本日の短編。
バカップルなお話の続き。


『お嬢様のお耳・2』

 お嬢様の頭に生えたのは、可愛らしいうさぎのお耳だった。
 ああ、なんということだ...
コメント 0
登録日 2018.11.10 23:05

本日の短編(10)

本日の短編。
今日もバカップルのお話です。
時系列的にはミーニャ王子後、学園祭前。



『お嬢様のお耳・1』

 お嬢様がミーニャ王子からの贈り物...
コメント 0
登録日 2018.11.10 05:19

本日の短編(9)後

恥ずかしくて、彼の視線から逃れたくて思わず顔を手で覆ってしまう。
 そのわたくしの手を子犬がペロペロと温かい舌で舐めた。うう……くすぐったい。 

「しかもね...
登録日 2018.11.09 17:00

本日の短編(9)前

『彼に推しを説明する・2』

「えっと……言わなきゃダメ?」

 わたくしは、マクシミリアンを見上げて苦笑いしつつ言った。

「秘密はもう、作らないとい...
コメント 0
登録日 2018.11.09 16:58
85 12345