夏の終わりの甲子園〜俳句甲子園

『俳句甲子園』と言うものがある。
毎年8月19日、はいくの日にちなんで行われている。
575と言う文字数でいかに、周囲にあっと言われる……感心させられる、ハッと思わせる。
ただ、詠むだけではなく、聞き手にも情景を思い描いてもらえるような作品を発表する場である。
一年生の笠岡梨紗は、1日目の試合で負け、泣いていた。
一学年上の粟井原遼一は、その梨紗を引っ張って行く。
どうなるか。

そして、今年も俳句甲子園の予選が始まる。
二年生になった梨沙は、遼一は?
24hポイント 0pt
小説 63,486 位 / 63,486件 青春 3,056 位 / 3,056件