世紀末婚約破棄伝説 淑女の拳

婚約破棄を言い渡され、ウルズラは激しい怒りの炎に包まれていた。
なぜ自分はこんな理不尽な目に合わなければならないのか。
なぜ誰も王子の暴虐を咎めないのか。
その激情が臨界に達したとき、憤怒の炎がウルズラの肉体を変貌せしめる。
絹のドレスを引き裂いて、顔を見せるは鋼の上腕二頭筋。
――今、最強の漢女力が王子の顎を穿つ時
24hポイント 14pt
小説 15,064 位 / 60,570件 恋愛 4,775 位 / 14,706件