迂回路

最近、親友の佐里(さり)に避けられ、彼は別の友達とつるむようになった。
真人(まひと)は勇気を出して理由を聞こうとするが、真面目なお前とは合わない、とけんもほろろにあしらわれる。しかし、また彼と元のように戻りたかった真人が食い下がると、俺と遊びたいなら一緒にここへこい、と怪しげなクラブに誘われて……


※過去「玩具帝国主義」というサイトにて掲載していたものです。
※この作品はコミカライズされています。
まれに同名や同内容の作品で当方が盗作と間違われてご意見を頂くことがありますが、当方が作品原作者であり、当方から出版社に許諾を出してコミカライズされております。 
24h.ポイント 0pt
0
小説 186,031 位 / 186,031件 BL 24,112 位 / 24,112件