春の嵐の前に

孝太の肩はかすかに震えていた。
「いい絵描きになれよ」
俺は孝太の肩をぎゅっと抱き寄せた。
「うん」
春の嵐がそこまで来ていた。すべてをなぎ払う激しい嵐が。
24hポイント 0pt
小説 43,125 位 / 43,125件 BL 3,441 位 / 3,441件