悪役令嬢の独壇場

子爵令嬢のララリーは、学園の卒業パーティーの中心部を遠巻きに見ていた。

彼女は転生者で、この世界が乙女ゲームの舞台だということを知っている。
自分はモブ令嬢という位置づけではあるけれど、入学してからは、ゲームの記憶を掘り起こして各イベントだって散々覗き見してきた。

正直に言えば、登場人物の性格やイベントの内容がゲームと違う気がするけれど、大筋はゲームの通りに進んでいると思う。
ということは、今日はクライマックスの婚約破棄が行われるはずなのだ。
そう思って卒業パーティーの様子を傍から眺めていたのだけど。

あら?これは、何かがおかしいですね。
24hポイント 35pt
小説 15,840 位 / 110,911件 ファンタジー 2,888 位 / 28,894件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

幼馴染が熱を出した? どうせいつもの仮病でしょう?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:68789pt お気に入り:5666

私を追い出した結果、飼っていた聖獣は誰にも懐かないようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:86608pt お気に入り:7418

シンデレラなんて嘘っぱち

恋愛 / 完結 24h.ポイント:4508pt お気に入り:92

【完結】貴方たちはお呼びではありませんわ。攻略いたしません!

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:10673pt お気に入り:530

星空乙女のお針子は、仲間たちと華麗に異世界を縫い進む

ファンタジー / 完結 24h.ポイント:28pt お気に入り:880