鬼とか神とか鬼神とか、もうチートすぎるんですけど!おかげで今日も僕等は破茶滅茶です!!

ここは神・人・鬼が共存する世界。
しかし長年、強大な力を持つ神と鬼が争いを繰り広げており世界は混乱していた。
そろそろこの状況を何とかしなくては!
…そう、考えていたんだ、俺は。
それなのに!ある日突然、陛下は言った。

「すまない、ユラハ。手が滑って異世界から数名、人を召喚してしまった。」

「くそったれ!!!!」

只でさえ忙しいのに何て厄介なことをしてくれたのか!
しかも陛下は、その召喚した人達と俺を新しく宰相に任命するとか言い始めた。
それって、あれですね?
慣れない異世界に戸惑う人達を俺が纏めろって事ですよね?

……あれ?何かこの異世界人たち…纏まってくれないんですけど。
ダレカタスケテ??

しかも、異世界人たちの中には元の世界の記憶が無い人がいるらしい。
記憶を取り戻す?うん、頑張って?俺は関係ないよね??


七人の小人ならぬ、七人の新宰相たちの王宮ドタバタコメディーです。
隠された、異世界人たちの過去とは?

過去の記憶と、今の記憶が絡み合う。


◇ ◆ ◇

無断転載は固く禁止いたします。
ストーリーや、展開、設定などを真似するのもおやめ下さい。




タイトル変更しました。
24hポイント 0pt
小説 57,701 位 / 57,701件 ファンタジー 18,896 位 / 18,896件