AI転生 -自律型AIロボットを異世界に転生させて観察してみた-

人間とAIロボットが共存する近未来。
そこに一人のロボット発明家がいた。

彼の名前は日比谷 恭二(ひびや きょうじ)。
数々の画期的なAIロボットを世に生み出してきた彼は世界中から称賛を受け、天才の名を欲しいままにしていた。

そんな日比谷には一つの夢があった。
それは異世界とはどのような所なのかを見てみたい、という夢である。

しかし日比谷はある事情により、現世を離れることが出来なかった。
だが、どうしても夢は捨てきれない。誰かが代わりに行ってきてはくれないだろうか。

そこで日比谷は一つの策を思いつく。

「私のAIロボットを異世界に転生させることは出来るだろうか?」

これは、天才発明家日比谷と自律型AIロボット「133(イサミ)」による、異世界救済の物語。

24hポイント 0pt
小説 65,824 位 / 65,824件 ファンタジー 20,275 位 / 20,275件